お役立ち情報

文系と理系を徹底比較!大学入試で【圧倒的にオススメ】なのはこっち!

 

翔平
翔平
今日は文理選択について説明するよ!

高校生2年生でいきなり迫られる文理選択。

数学ができない人は文系、
国語ができない人は理系。

キラキラしたウェイ系大学生になりたい人は文系、おとなしく大学生活を送りたい人は理系。

そんな適当な理由で文理を選択していませんか?

文理選択は絶対に適当に選んではいけません。

大学に入ってから、

文系大学生
文系大学生
あ〜なんで文系選んだんだろ失敗した

と言う文系の人もいれば、

理系大学生
理系大学生
理系クソだな、文系に行けばよかった

なんて言う理系の人もいます。

正しい情報がない中で、文理選択を適当な理由で選ぶと失敗する可能性が高まります。

なので、今日は文系・理系それぞれのメリット・デメリットを紹介し、よりよい文理選択に活かしてほしいと思います。

こんな人にオススメ

・文理選択に悩んでいる人
・文理の違いをよくわからない人

翔平
翔平
早速見ていこう!

 

大学入試でおすすめなのは文系

大学入試の点で言えば絶対に文系の方がお得です。

受験する科目数も少ないし、暗記科目が多いので直前に必死こいてやれば合格できます。

どうしても数学が苦手!と言う人は、二次試験で数学のない大学を受験するといいでしょう。北大の文学部なんかは数学必要ないです。

倍率の点で見ても文系の方がお得です。

北大を例にとってみれば、僕が受験した時、理系学部はだいたい倍率3倍前後でした。

でも、文系学部はどれも倍率2倍くらいでした。

翔平
翔平
倍率低すぎだろ羨ましい・・・

それと、志望校の判定も理系の人よりも早い段階からB判定など取りやすく、精神的にも優位です。

公立高校の場合、理系は3年生の12月に理科が終わります。

翔平
翔平
さすがに遅すぎるよね⭐️

だから模試でも理系科目が足を引っ張って直前まで判定が上がりません。

対して文系は暗記科目が多くて、早い段階から演習をつめるので点数も安定しやすいです。

入試の直前まで判定が上がらないとそれだけで気持ちが萎えるので、その点でも文系が圧倒的に有利なのかなと思います。

 

文系の特徴

文系の学部

文系の学部には

法学部、経済学部、文学部、教育学部、外国語学部

などがあります。

文系はをテーマにした分野を専門に勉強します。

法学部は、人が守るべき方のことを学び、経済学部は人の消費行動のことを学び、ほかの学部も大事なのは人です。

倫理や心理学も学べたりするので、人と関わるのが好きな人は文系という選択をしてもいいと思います。

就職しても文系職は営業だったり公務員だったり人と接する機会が多いですよ。

みんなのイメージ

数学いらないの?

日本のすべての文系学部で数学が不要なわけではありません。

二次試験で数学が必要なところも多いです。大学に入ってからも、経済学部では統計学で数学を使います。

もちろん理系の人がやるような偏微分だとか微分方程式とか頭が痛くなるようなごりごりの数学はあまりやりません。

受験生
受験生
それでも数学が絶対に嫌だ、拒絶反応が出る

と思う人は、文学部や法学部に進むのがいいのかなと思います。

 

授業は楽なの?

理系の僕から言わせてもらうと、文系の授業は超楽です(法学部は大変そう)

理系と違って実習や実験、研究などがほぼなく、専門の勉強も理系と比べたらだいぶ楽です。

それに僕の友達は週4コマって言ってました。

4コマってどれくらい楽か説明すると、90分の授業を週に4回受ければいいだけです。

工学部
工学部
小学生の方が大変じゃん
理学部
理学部
それなのに大学寝坊するってどういうこと
農学部
農学部
俺今週20コマ近くあるのに

なんて不満を理系学生から聞かない日はないですね。

 

文系のメリット

大学に入る前も入った後も楽

今まで散々言ってきましたけど、やはり文系は楽です。

大学に入る前も受験科目が少なくて楽だし、大学に入ってからも授業が楽だし。

その空いた時間を自由に使えるのが文系学生の一番のメリットだと思います。

バイトしたりサークル楽しんだり、友達とドライブ行ったり。

勉強以外にやりたいこと(ex.起業とかお金貯めて世界一周とか)が決まっているなら、

自由な時間を確保できるという点で文系を選ぶのがいいんじゃないでしょうか。

文系のデメリット

就活が大変

文系は楽。

でも人生ヌルゲーってわけじゃありません。

就職活動の時期になると文系は死ぬほど忙しくなります。

だいたい大学3年の夏くらいから動き出し、そこから約1年間就職活動をして、自分の働く会社を選びます。

この1年間はどの先輩を見てても忙しそうにしてました。

つまり、文系学生が思いっきり遊べるのは大学3年生の前期くらいまでで、大学院に行く理系と比べてモラトリアムが短いのがデメリットなのかなと思います。

理系と違って、論理的思考力も技術力もアピールしにくく、大学で真剣に勉強している人も文系の場合少ないので、

就活では体力・コミュ力・ストレス耐性・学歴などを前面にアピールするしかありません。

つまり大事なのは人と話す力。

人前で話すのが苦手、という人は少し就活で苦労するかもしれません。

文系就職の場合だと、有名企業の倍率は50倍になるなんてよくあることです。

この間僕が内定をいただいたところは倍率100倍超えてたらしいです。

文系は時間もあって遊べるけど、遊びすぎたら就活で詰みます。

もちろん大学に入って色んな人と遊んでコミュ力をつけることも超大切なので、遊びに勉強に恋愛にバイトにと、色々充実させましょう!

 

大学院に進学したら人生詰む

文系男子大学院生は、バーテンダー、バンドマン、美容師と並んで彼氏にしてはいけない4Bと呼ばれています。

文系が院に行ってしまうと(MBAの取得などをのぞいて)圧倒的に就活で不利になります。

これ、意外と知られていないんですが、研究者として大学に残っても教授の枠が全然空いていないので、

大体がたいした給料も貰えないポスドク(博士研究員)を何年間も続けます。

友達に聞いたところ、教授になるのって倍率100倍近くなるらしいんですよね。

ダメ受験生
ダメ受験生
就活だるいから大学院行くわ

なんて選択をするとまぁ色々地獄ですね。

結局倍率高いし、文系で大学院に行くことへの世間の風当たりも強いし。

とにかく、本当に学びたいことがあったり、MBAを取得したいといった理由ならまだしも、

受験生
受験生
もっと大学生活を延長して飲んで合コンして遊びたい!

といった理由で大学院に進学するのはやめましょうね。

就活では理系が圧倒的に有利

文系の人は就活が超大変です。

その点理系は就活が基本イージーです。

日本のある企業では理系しか採用しない、と決めている会社もあるようです。

テクノロジーが進歩してきて、エンジニアなど理系人材の活躍の幅が確実に広がっています。

次はそんな理系について紹介します!

 

理系の特徴

理系の学部

理系の学部には

農学部、工学部、理学部、医学部、薬学部、歯学部など

があります。

文系は人をテーマにする学部がほとんどでしたが、理系はモノをテーマとした学問がメインです。

何か役にたつモノを作って人に届けるといったイメージです。

医学部や歯学部はモノも扱うし、人とも関わりが多いので文系理系の中間のようなイメージをもつといいでしょう。

あとで詳しく説明しますが、理系の場合研究職にもなれるし、営業職・総合職・一般職といった文系就職も可能なので、

就職の選択肢の幅が文系よりも多いのが特徴です。

 

みんなのイメージ

そもそも英語必要?

僕自身理系に来て思うのですが、まぁ必要ですね。

1、2年生のうちは必要ないんですけど、研究室に配属されて自分の研究をするようになると英語力は大切になってきます。

自分の研究結果を支える証拠として海外の論文を読む機会が増えるからです。

他にもTOEICの点数が良ければ大学院の試験が免除になったり、

ある程度英語ができると海外の大学の研究室に数ヶ月行って、最先端の研究をすることができます。

しかも大半が大学のお金でいけるので、海外にタダ同然でいけちゃうんです。

こんな感じで英語ができると得なことが鬼のようにあるので、

「英語なんて役に立たないし嫌だ」なんて思わずにコツコツと勉強してほしいです。

 

女子がいないの?

キラキラした大学生活にとてつもない想像を抱いている男性諸君。

残念なお知らせがあります。

理系は女子の数がまぁ少ないです。

割合で言ったら男子:女子=8:2くらいですかね。

最近はリケジョが増えてきてはいますが、全体としてはまだ少ないです。

特に工学部と理学部は女子が少なくて、農学部や歯学部は多い印象を受けます。

特に工学部の電子機械系の学科は女子0なんてことがざらですね。

でも、大学生は大学以外でも異性と出会う場所なんてたくさんあるから大丈夫。

理系だってちゃんと大学生活を謳歌できますよ。

 

理系のメリット

論理的思考力がつく

数学や物理、化学などで原理を理解する、公式を証明する、研究をする、論文を読む、論文を書く、

そのあらゆる場面で論理的思考力は鍛えられます。

自分一人の力でそれらを身につけるのは難しいです。

理系はめんどくさい!と言いながら必死に食らいつくことで、大学を卒業してからも一生役に立つ大きな武器を身につけることができます。

 

就活で無双できる

教授のコネのある日本の誰もが聞いたことがあるようなメーカーに、教授の電話一本で内定が出た先輩もいました。

他の先輩曰く

理系大学生
理系大学生
日本のどの企業でも選べる

それくらい理系、特に機械系や情報系のニーズは高いです。

文系が1年間かけて必死に就活したのとは対照的に、理系はすぐに就活を終わらせることができる人が多いです。

また、理系でも文系就職をすることだってできます。しかも、理系学生の文系就職はライバルが少なく、本当に無双できます。

ライバルが少ないってことは、頑張んなくても目立つってことです。

簡単に目立てる

面接官は1日に何百人も面接をしているので、その面接官の中でより印象に残った人が内定をかっさらっていきます。

理系学生で文系就職をする人が少ないので、自分の大学の文系学生が内定をもらえなくても、理系ならもらえる可能性があります。

現に僕はその方法を使って、就活最難関の外資コンサルに内定をもらうことができました。

とにかく理系は就活が有利。

昔は銀行などの金融業界は文系出身がメインでしたが、今は論理的思考力を兼ね備えた理系の人材をもとめる企業が増えています。

アメリカでも文系の学部の人気が減り、理系学部が人気になってきているみたいです。

研究職だけでなく、ほぼ全ての職の選択肢から選べるのが理系の最大の強みです。

 

大学生活を延長しやすい

文系だと大学院進学=就活に失敗した、逃げというように世間的に捉えられてしまいます。

でも、理系の場合はむしろ逆で、大学院進学=自分の学歴に箔をつける、というように会社の人事の人にポジティブに捉えられます。

社会人になりたくなくて大学院進学をした、という人も就活では不利にはなりにくいです。

ただ、博士課程まで行くと話は変わってきます。日本では博士課程のイメージが悪く、それこそ大学生活を続けるために博士課程に行ったと思われます。

自分の人生をかけて研究したいテーマがあって、どうしても博士課程に行きたいのなら、アメリカに行きましょう。

なぜなら、アメリカにおいて博士課程は最高学歴で、社会的な地位も高く、給料も日本よりもはるかにもらえます。

それくらいアメリカは研究に重きを置いているんです。

アメリカで就職もありだな、と思った人は海外の大学院に進学するのも選択肢の1つとしていいと思いますよ。

理系のデメリット

大学に入る前も後も大変

これはね、実際に理系の僕が全理系学部の人の気持ちを代弁します。

翔平
翔平
大学忙しすぎ!!!

はい。満足です。

大学受験でも、数学と理科の概念を理解するのに時間がかかるし、さらに演習問題もめっちゃやらないとダメだし、

全然志望校の判定上がらないし、理系=オタクとか言われるし・・・

大学に入ってからも実験に論文読んだりまぁ色々と大変です。

研究室によっては、コアタイムという制度があります。

コアタイムとは、研究室にいなければならない時間のことです。

有機化学系の研究室だと朝の9時から夜の9時までコアタイムってところもざらにあります。

発表会のために休日を返上して資料作成などする人も多いようです。

しかも学生なのでお給料なんて出るわけもなく。

ブラック企業が有名になっていますが、まさにブラック研究室ですね。

ブラックに慣れるともっとやばい

ブラック研究室で学部時代と合わせて3年間研究して、そのあとに就職した先輩は「社会人ってあんなに楽でお金もらえるし最高」と言ってましたね笑

翔平
翔平
ひぇ〜何言ってるのかよくわからん

やはり理系は文系と比べたら鬼のように忙しい学部が多いです。

でも、それでもバイトをしたりサークルに行ったり、就活をしたり彼女と遊んだりと、結局はやろうと思ったらなんでもできます。

理系に行ったからプライベートの時間がない、なんて心配する必要はないですよ。

研究自体も反応待ちのときなど自分の好きなことをできますし。

 

まとめ

これを見てあなたは文系・理系どちらに行きたいと思いましたか?

どちらもメリット・デメリットがあり、そう簡単には決められませんよね。

個人的に思うのは、数学が苦手じゃないなら理系の方がいいのかなと思います。

文系の興味のある分野、例えば経済などは本などである程度勉強することができますが、理系の分野はそうはいきません。

理系は大学でも勉強など大変ですが、就職活動の時にしっかりとその分のリターンは返ってきます。

理系大学院生かつ何かの部活をやっていたら就活で無双することができます。

仮に理系で大学に入って、やっぱり文系のことを学びたくなったら文転という手段もあります。

しかし、その逆は難しいようですし、ほとんど見かけたことがありません。

要は理系の方が選択肢が多いってことですね。その分大変ですが。

理系に進学して選択肢をたくさん持つようになるとこんな感じになります。

今回の記事を読んで、文系・理系お互いのメリット・デメリットを知った上で、自分の興味がある分野へと進んでほしいと思います!

公式LINE@

 

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル強化術を配信中!

 

LINE@では
・ブログには書いていない勉強法
・ストレスフリーに勉強する方法
・やる気を上げるコンテンツ

など受け取ることができます!

 

さらに、今登録してくれた人には以前まで500円で販売していた有料電子書籍を無料でプレゼントします。

 

100ページほどあり、これを読むだけで簡単に偏差値5は上がるコンテンツになっています。

 

友達登録はこちらのボタンをクリック

 

LINEに登録すると学べること

 

・無駄を省いた効率的な勉強法
・スランプを脱出できる方法
・集中力を自分でコントロールする方法
・受験で勝つために必要な心構え
・成績を上げる授業の受け方
・失敗を成功に導く最強のメンタル術

 

などなど、配信しているテーマは様々です。

登録は完全に無料で、登録する場合は下のボタンをクリックしてください。

友達登録はこちらのボタンをクリック!

クリックしてもダメな場合は、こちらから検索またはQRコードを読み込んでください。

ID:@mqp7867l

翔平
翔平
文理選択に悩んだらいつでも相談に乗るよ!