最強の勉強法

【※必読※】1日5分で1000個の英単語を覚える最強暗記術

 

翔平
翔平
こんにちは。現役予備校講師の翔平です!

この間予備校で英語を教えている生徒とこんなやり取りがありました。

受験生
受験生
英語の偏差値が50に届きませんでした。自分は英単語が全然固められていないので、もう一度勉強してみたんですよね。
翔平
翔平
確かに英単語は大事だね、どうやって英単語を勉強しているの?
受験生
受験生
何をすればいいのか分からなかったので、とりあえずノートに書きまくりました。
翔平
翔平
それで、だいぶ覚えられたの?
受験生
受験生
全くです(ドヤ)

あなたもこんな経験ありませんか?

英単語を覚えるのにすっごい時間をかけたのに、実際ほとんど覚えていなくて最高に効率が悪い勉強をしていませんか?

高校生の時の僕はそういった効率の悪い英単語の覚え方をしていました。

効率が悪いから、全然覚えられないし、だから英単語を勉強するのがめんどくなって、どんどん手を抜くようになりました。

でも英単語ができないと当然長文も読めないし、日本語を英語に直すことができないので英作文の問題も解けませんでした。

それくらい英単語って重要なんですね。

高校生のバカな僕は、英語ができない現実から目を背けて、他の科目で英語の点数も取れるくらい力をつけようとしました。

でも、こんな風に逃げてばかりだと一生英語で点数は取れませんし、英語の分を他の科目でカバーするなんて特に現役生は無茶な話です。

当時の僕は英語の偏差値が50を下回る典型的な英語が苦手な受験生でした。

でも英語がめちゃくちゃできる友達が3人いて、その人たちに英単語の勉強法を聞いた時に、偶然にもみんな同じ方法で勉強していました。

翔平
翔平
頭のいい人と同じ勉強法なら自分も頭よくなるのでは・・・?(小並感)

というわけでその日から同じ勉強法で英単語を暗記し始めました。

するとあの英弱の僕が!なんと!英単語を2週間で1000個覚えることができて、英単語テストでも5週連続クラストップの成績を取れました。

先生からカンニングしたんじゃないの?って疑われました、今思えばひどい話です。笑

結局長文も読めるようになってセンター本番に英語で182点を取れるようになりました。

それまでは3日あっても数十個しか暗記できなかったのに。

この変わりようには自分が一番びっくりしました。

今回はそんな再現性のある最強の英単語の覚え方を紹介します!

英単語を覚えるのが苦手なあなたもこの記事を読んだらきっと英単語を簡単に覚えられると思います!3分間だけお付き合いください!

翔平
翔平
この勉強法は絶対に知っておいて欲しい⭐️

 

英単語の最強暗記術

そもそも大前提として、自分の知っている単語をいまさら勉強する必要はないです。

少し極端な例を出しますが、

apple

この単語の意味はほぼ全員が知ってると思います。

英単語を勉強しようとする時にわざわざappleのスペルを書いて知ってる単語をもう一回勉強なんてしないですよね?

これはだいぶ極端な例ですが、人それぞれ知っている単語は異なります。

なので、一度CDを聞いてすでに知っている単語と知らない単語を振り分けるようにしてください!

受験生
受験生
CD聞くのだるいな

って思った人に聞いて欲しいのですが、CDを聞くだけで嬉しいおまけがついてきます。

何かというと、英単語だけでなく勝手にリスニングの対策にもなるんです。

僕はリスニングの勉強は特にしてなかったです。英単語を覚える時に聞いていたCDくらいです。

それでもコンスタントに45点は取れていたので、効果はしっかりとあると思います。

英単語を勉強するだけじゃなくてリスニングの勉強にもなるので一石二鳥です。

翔平
翔平
めんどくさいと思うけど、これをやればまず周りより一歩リードだ!

 

知らなかった単語を発音しながら3秒目を通す

CDを聞いて知らなかった単語がはっきりしたら、単語帳にどれが自分がわからない単語なのか印をつけておきましょう。

それが終わったら、印をつけた単語に目を通していきましょう。

大事なポイントとしては2つあります。

しっかり発音する

人間は自分が発音できない音を正確に聞き取ることはできません。

発音できないのにリスニングなんてできるわけありません。

これ結構大事なことなので、もう一度言います。

発音できない音を聞き取ることは不可能です。

だって中国語も何言ってるか聞き取れないじゃないですか。

あれって、自分がその単語を知っていてなおかつ発音できれば聞き取れるんですね。

なので単語を目で見るだけでなく、発音しながら目を通していきましょう。

3秒だけ目を通す

英単語の勉強ってつまらないです。飽きます。僕が英単語の勉強を続けられるのはせいぜい5分です。

その5分、つまり300秒でいかに効率よく英単語を覚えるのか、それが大事な鍵となってきます。

1つの英単語に3秒使ったら、単純計算で100個の単語を目に通すことができます。

あとで詳しく話すのですが、この1サイクルで100個という個数はキリもよくて、1つの単語に3秒使えるので比較的情報も手に入れることができます。

1つの単語を1秒で覚えよう、という勉強法も人気ですが、僕にはあまりに1秒という時間は短すぎました笑

なので3秒ということを意識して単語に触れていきましょう。

 

朝起きた時・家に帰ってきた時・寝る前に復習する

人は忘れる生き物です。ごく一部の天才を除いた大多数の凡人はすぐに英単語なんて忘れてしまいます。

でも、凡人でも忘れないものがあります。それは何か。

たくさん反復したものです。

身近な例でいうと、学校までの通学路だったり九九だったり。

学校の通学路も一回通っただけで完璧に覚えられますか?

九九も小学生の時に何度も繰り返したからこそ、7の段もスラスラ言えるようになるんです。

英単語も全く同じです。何度も目を通して発音して反復することが一番シンプルで大事なんです。

何度も繰り返すことで通学路や九九のように、英単語も意味を忘れにくくなります。

一回たった5分でいいんです。5分だったら飽きずに続けられると思います。

夜寝る前に5分間英単語を勉強して、朝起きた時にその復習をする。そして家に帰ってきた時にもう一度復習する。

それくらい反復すれば嫌でも覚えてきます。

 

3日間続けてみる

そのサイクルを3日間続けてみてください。

少しずつ日本語に訳せる英単語が増えてくるはずです。

具体的な方法としては、

初日:No.1~100に取り組む
2日目:No.1~200に取り組む
3日目:No.1~300に取り組む
4日目:No.1~400に取り組む

・・・という風に勉強していくといいでしょう。

受験生
受験生
量が増えて続けられない!

という疑問もあると思いますが、2日目のNo.1~200の部分で、前日の100個のうち覚えきれていない英単語に絞って復習してみるといいでしょう。

1つの単語につき3日間勉強をしたら、最後にもう一度CDを聞いてみて日本語に瞬時に訳せるかテストをしてみましょう。

それでもまだ覚えきれていない英単語はもう3日間復習して暗記しましょう!

まとめ

 

これだけは忘れないで

見る時間は最大限に少なく、見る回数は最大限に多く

これが英単語暗記の際の黄金のルールです。

僕のような凡人は見る回数を増やして暗記していくしかないんです。

この記事を最後まで見てくれたあなたも、きっと僕と同じ凡人だと思います。

でもそれが悪いわけではありません。その人なりの戦い方があるんです。

なので、今回の方法を使って、英単語をスポンジのように吸収して、どんどん成績をあげてほしいと思います!

 

公式LINE@

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル強化術を配信中!

 

 

LINE@では
・ブログには書いていない勉強法
・ストレスフリーに勉強する方法
・やる気を上げるコンテンツ

など受け取ることができます!

 

さらに、今登録してくれた人には以前まで500円で販売していた有料電子書籍を無料でプレゼントします。

 

100ページほどあり、これを読むだけで簡単に偏差値5は上がるコンテンツになっています。

 

友達登録はこちらのボタンをクリック

 

LINEに登録すると学べること

 

・無駄を省いた効率的な勉強法
・スランプを脱出できる方法
・集中力を自分でコントロールする方法
・受験で勝つために必要な心構え
・成績を上げる授業の受け方
・失敗を成功に導く最強のメンタル術

 

などなど、配信しているテーマは様々です。

登録は完全に無料で、登録する場合は下のボタンをクリックしてください。

友達登録はこちらのボタンをクリック!

クリックしてもダメな場合は、こちらから検索またはQRコードを読み込んでください。

ID:@mqp7867l

翔平
翔平
最後まで読んでくれてありがとう!