その他

【勉強効率上げたい】受験生が使うべき手帳5選と正しい使い方【最新版】

 

悩む人
悩む人
どうしても第一志望に合格したいのですが、受験勉強を効率的に進めるために何をしたらいいですか?

この記事はそんな疑問にお答えします。

効率的に進めるために必要なのは、「合格に向けてしっかりとした計画を立てること」。たったこれだけです。

受験生
受験生
半年以内に偏差値を15あげるぞ!
受験生
受験生
今月は数学をメインで頑張っていこうかな!

といった長期的・短期的な目標を立てることこそ最も大切ですが、その計画を立てて目標を達成するのに必要なのが「受験手帳」です。

スマートフォンを使って予定管理をする人が多いですが、絶対に手帳を使って予定を書き込むべき。

なので、今回は数百種類もある手帳の中から、予備校講師の僕がオススメする「受験生にピッタリな手帳を5つとその正しい使い方」を紹介します!

こんな人にオススメ

・勉強計画を立てるのが苦手な人

・時間管理が苦手な人

・オススメの手帳を知りたい人

※数学がどうしてもできない!という人は以下の記事がオススメ。当サイト一番人気の記事で「読んでよかった!」という声を多数いただきます👇

【衝撃】プログラミングをちょっと勉強したら数学の偏差値が82まで伸びた話【30UP⤴︎】 今回はこんな疑問に答えていきます。 大学受験で苦手とする人が一番多い数学。できない人は本気でできないので、できる人...

 

合格したい受験生にオススメな手帳5選【厳選】

今回は使いやすさと実績をもとに5つの手帳を紹介します。

①スマート手帳

②フォーサイト

③赤本手帳

④合格手帳

⑤能率NOLTY手帳

それではひとつずつ見ていきます。

 

スマート手帳(sumate):東大生考案

オススメ度:

この手帳の1番の特徴は生活リズムを一定に保ち、勉強の質を向上させるのに役立つ点です。

現役東大生が考えた手帳であり、とにかく効率よく時間を使えるように設計されています。

・志望校合格までの学習イメージ

・参考書や問題集の選び方

・志望校合格までの学習時間の設定

・東大生からのワンポイント

・受験にとって大切なもの

なども載っていて、普通の手帳の域を余裕に超えています。

中はこんな感じ

合格までの学習イメージやどれだけ勉強時間を取ればいいのかってなかなか知ることができないので、オススメしたい手帳になっています。

すごく良いです。大学受験のために買いました。1620円以上の価値があります。他の受験生に使って欲しくないくらいです。これで受験までの勉強の計画を立てていきたいです。

こんなAmazonのレビューがあるくらい満足度が高いんですね。

もちろん個人差はありますが、デザインも洗練されていて多くの方が勉強に集中できる手帳となっています。

 

フォーサイト:多くの学校で利用

オススメ度 

 

この手帳は多くの学校で導入されており、一番の特徴は「振り返り力」が養成できる点です。

自分の行動を振り返り、良かった点・悪かった点を踏まえて、次の週にどうやって活かすかを考えられるようになります。

この力さえあれば効率よく成績を上げることなんて余裕です。

中はこんな感じ

部活をやっている人はわかると思いますが、「試合で勝つ」という大きな成功のためには、小さな目標をコツコツと達成することが必要ですよね。

受験も同じで振り返って次に生かす能力が不可欠なのですが、意外と気付いていない人が多いのが現実です。

なので、この手帳を使って「振り返り力」を今すぐに身につけましょう!

 

赤本手帳:王道の一冊

オススメ度 

受験生用手帳として番有名なのがこの「赤本手帳」。

受験生時代に一度は使うであろう、あの赤い過去問を出版している数学社が販売しています。

中はこんな感じ

決めた目標から逆算して今やるべき勉強を可視化することができるのが、この赤本手帳の特徴です。

・合格のポイント

・予備校や塾のメリットデメリット

・模試の活用法

・緊張のほぐし方

・科目別の勉強法

・難関大合格者のアドバイス

といった受験に役立つコンテンツが多数載っているので、一石二鳥です。

どの手帳を買ったらいいのか悩んでいる人は、この赤本手帳を買っておけばまず間違いないです。

合格手帳:23万部の大ヒット

オススメ度 

合格手帳は受験だけでなく資格試験にも活用することができます。

この手帳の特徴は、どの時期にどんな勉強をするべきなのかが記載されているなど、受験生のために色々と工夫を施されています。

その工夫が好評で、日本中で23万部の大ヒット商品となっています。

表紙に合格手帳と書いてあるので、それを見るだけでもやる気が出ますし、努力する方向を間違えたくないのなら一度は使ってみる価値のある手帳になっています。

能率NOLTY手帳

オススメ度 

この手帳は受験生向けに作られたものではなく、ビジネス用の手帳となっています。

中はこんな感じ

勉強習慣のない人はまずは形から入るべきです。なぜなら、おしゃれな手帳に予定を書き込むと自然とやる気が出てくるから。

人間は不思議なもので、思い込みでやる気を出すことができるんです。プラシーボ効果と心理学の世界では呼ばれています。

この手帳はポップなデザインなので、成績を上げたいと本気で考えているのならまずは形から入るのもありだと思います。

受験手帳の正しい使い方【ここが大事】

受験手帳を使う際は、寝る前に次の日の予定を書き込みましょう。

学校やご飯の時間、通学時間や就寝時間なども細かく書き込んで、翌日はその予定に従うように生活できればなお良いです。

というのも、起きてから何をするか考えるだけでストレスで、やらない理由が先行して行動に移さないケースが多いからです。

そして、夜寝る前にその日勉強した時間を記載して視覚化しておくと、受験間近になった時に手帳を見直すと、

受験生
受験生
これだけ勉強したから大丈夫、絶対にいける!

とモチベーションが確実に上がります。

手帳で時間管理をして成績を伸ばした人のほとんどがこのように手帳を使っていたので、みなさんもぜひ試してみてください!

 

手帳に書いたほうがいい理由【絶対に手書き】

スマホの予定表ではなく、手帳に自分で書いたほうがいい理由としては、

・紙面として残るので突然消える可能性が低い

・書き込んだ予定などが記憶に残りやすい

・予定を確認するときの誘惑が少ない

の3つがあげられます。自分で手を動かして予定を書き込むことで、その予定をより明確に認識できるようになります。

加えて、手帳は予定を管理する機能しか持っていませんが、スマホは他にもたくさんの機能があり誘惑となってしまうのでオススメしません。

 

まとめ:受験手帳で合格率UP!

闇雲に受験勉強をしても絶対に途中で挫折します。

そうならないためにも合格までの予定を手帳に書き込んで、計画的に受験勉強に取り組みましょう!

※数学がどうしてもできない!という人は以下の記事がオススメ。当サイト一番人気の記事で「読んでよかった!」という声を多数いただきます👇

【衝撃】プログラミングをちょっと勉強したら数学の偏差値が82まで伸びた話【30UP⤴︎】 今回はこんな疑問に答えていきます。 大学受験で苦手とする人が一番多い数学。できない人は本気でできないので、できる人...