アルバイト

【知らなきゃ損!】リゾバを120%充実させる全持ち物を徹底解説【準備で全てが決まる】

 

あなた
あなた
リゾートバイトで働くことが決まったけど、一体どんな荷物を持っていけばいいの?服は何着くらい必要なの?現地に着いてからあれがない、これがないって後悔したくないし、せっかくなら完璧な準備をしたい・・・!

この記事はそんな悩みにお答えします。

住み込みで働くリゾートバイトですが、初めて働くときはどんな荷物を持っていけばいいのか見当もつきませんよね。適当に準備をすると、荷物がいっぱいになったり後で何度も買い足す必要があったりと困ってしまいます。

そこで今回は、

・働く期間別の荷物の大きさ

・生活必需品

・仕事上の必需品

・リゾバが120%充実する持ち物

を紹介していきます。リゾートバイトの満足度は準備の段階でほとんど決まるので、念入りに準備していきましょう!

 

リゾバが決まったらまず確認すること

あなた
あなた
リゾートバイトで働く先が決まったし早速荷物を準備しよう!

これ、間違いです。荷物を準備する前にまず確認するべきことが2つあります。これをするだけで荷物が大幅に減らせるので、以下の2つを絶対に確認してください!

①勤務地周辺で日用品を購入できる場所があるか探す

②事前に荷物を郵送することができるか聞く

それではひとつずつ見ていきます。

 

勤務地周辺で日用品を購入できる場所があるか探す

会社の方から持ち物リストが送られてきたと思いますが、それを全て持っていくのはかなり大変です。なので、現地で買えそうだと思ったら現地で調達するようにしましょう。

そのために、派遣会社の担当者に現地周辺のコンビニやスーパーがあるかを確認したり、自分でGoogle Map を活用して調べてみましょう。大抵の場合は近くに大型スーパーがあるケースが多いですが、中にはコンビニまで歩いて1時間といった田舎の求人もあります。

そんな場合は通販、特にAmazonプライムが便利です。本来500円近くかかる配送料が無料になりますし、他にもこんな特典が大学生なら半年間無料で利用できてしまいます。

①映画やテレビ番組が見放題

②漫画や小説などの電子書籍が読み放題

③100万曲以上の音楽が聴き放題

④写真を容量無制限で保存

⑤会員限定先行タイムセールに参加できる

⑥お急ぎ便・日時指定便が無料で利用可能

⑦たったの1時間で荷物が届くPrime Nowが利用可能

リゾートバイト期間中だけ利用して、半年以内に解約すれば一切お金はかからないので、スーパーなどが遠いリゾートバイトをする人は入ることを強くオススメします。

詳しくはこの記事でまとめてあります。

 

事前に郵送することができるかを確認する

前もって荷物を郵送できるかどうかを確認しておきましょう。なぜなら、キャリーバッグなどに荷物を全て詰め込んで現地入りしなくても、持ち物は段ボールに入れて事前に寮に送ることができるからです。

漫画や食器類、シャンプーやトリートメントなどの液体類を事前に送ることができれば、当日はリュックサックのみで現地入りできるので、かなり身軽になります。

着払いにすると派遣先が配送料を支払うことになるので、そこは注意しましょう。

 

リゾートバイトの生活必需品

では具体的に、リゾートバイト期間中の生活必需品をみていきます。これさえあれば最低限の生活ができる、という持ち物をまとめました!

勤務先近くのコンビニやスーパーで買えそうなものがあれば持っていく必要はないですよ!

マークの意味

◎:必需品

○:便利品

△:個人差があるもの

貴重品
◎現金約1万円 ◎保険証
◎身分証 ◎マイナンバーカード
○クレジットカード ◎印鑑

 

電子機器
◎スマホ ◎充電器
△ノートパソコン △ポケットWi-fi
○延長コード ○モバイルバッテリー

 

衣類(1ヶ月前後・夏の例)
◎休日用の服×2 ◎スウェット×2
◎Tシャツ×4 ◎下着×4
○クロックス ○帽子
○室内用スリッパ ◎簡易ハンガー×5・ロープ
△水着

 

洗面・お風呂・洗濯用品
◎歯磨きセット ◎ハンドタオル×2
◎バスタオル×2 ○シャンプー・リンス
○ワックス ○洗剤
○洗濯道具 ○ドライヤー
△ひげそり

 

日用品
◎常備薬 ◎折りたたみ傘
◎爪切り ○掃除道具
△メガネやコンタクト △生理用品
△カメラ △化粧品等
○コロコロ(部屋掃除用) ○ふりかけ

 

キッチン用品
◎箸・スプーン ◎マグカップ
○食器 ○タッパー
△調理器具

 

貴重品について

食事支給がない場合は現金が必要です。支払いはPay系でもクレジットカードでも構わないのですが、田舎の方だと対応が遅れている場合もあるので念のために現金を持っていきましょう。

また、怪我や病気をしたときに保険証がないと全額負担となるので、絶対に忘れないようにしましょう。

印鑑は現地で何かの書類を記入するときやサインが必要なときにあると便利です。100均で売っている認め印でも構いません。自分の印鑑をまだ持っていない人はこの記事を参考にしてみてください。

万が一の時にクレカを作っておくのも大切です。

 

電子機器について

寮の設備によって変わってくるのですが、テレビがない部屋だったり休日にすることがないときに、パソコンがあると便利です。もちろんスマホで十分かもしれませんが、パソコンの方が画面も大きいし処理速度も速いので何かと便利です。

寮にWi-fiがない場合はポケットWi-fiを借りて利用しましょう。通信制限になると本当に暇になりますからね。

それと、延長コードはあるとかなり便利です。ベッドからコンセントまで距離があると充電のたびに移動する必要があってかなり面倒なので、必ず用意しておきましょう。

 

衣類について

リゾートバイト中の衣類は基本的にラフで問題ありません。仕事前後や中抜けの時間は制服を着ますし、周りの服装を気にするのは最初の3日くらいだけだからです。

仲良くなった人と観光地に出かける時の私服は2セットくらい持っていくと、写真を撮るときに毎回同じ格好になるのを避けられますよ笑

また、寮内は洗濯物を干せるスペースが限られているので、簡易ハンガーとロープは必須です。リゾバに参加する季節によっては、ダウンジャケットとフリースなどの防寒着を準備する必要もありますね。

 

洗面・お風呂・洗濯用品について

ここはコンビニやスーパーで調達可能ですし、勤務先が旅館の場合は備え付けのドライヤーを利用することもできます。

備え付けのドライヤーの風量が弱かった・・・なんて話もよく聞くので、気にする人は自前することをオススメします。

かさばらないバスタオルはこのシリーズが特にオススメ。

 

日用品について

こちらも基本的に現地調達可能ですが、眼鏡やコンタクトは忘れないようにしましょう。特に数ヶ月にも及ぶ長期の勤務になるときは、かかりつけの眼科でその期間中のコンタクトを受け取っておきましょう。

それに、こういった細々したものをまとめる袋も用意しておくと管理が楽になりますよ。

また、寮に1週間くらい住むとほこりが溜まってきます。部屋掃除用にコロコロクリーナーを準備しておくと清潔な環境で過ごすことができますよ。

毎日白ごはんだと飽きるのでふりかけだったり、たまに食べる用のレトルト食品やカップ麺を用意するのもオススメです。

 

キッチン用品について

食事支給とはいうものの、お皿と箸を自分で用意するケースが多いです。事前に100均で購入していくことをオススメします。

また、調理器具等は寮によって設備が異なるので、事前に担当者に確認しておきましょう。

あなた
あなた
こう見ると荷物って結構あるんですね。それに仕事をする上で必要な荷物もあるし量が多い・・・。どんなバッグを持っていけばいいの?

では次に、働く期間別のバッグの大きさについてみていきます。

 

働く期間別 必要なバッグの大きさ

働く期間によってバッグの大きさは変わるので、まずは自分のリゾバ期間にあったバッグを用意するところから始めましょう。

移動の面倒さを考えても、理想はボストンバッグなどの他に手提げバッグを持っていくくらいです。

 

1週間前後の場合

働く期間が1週間前後の場合は、2.3泊用のスーツケースひとつあれば十分です。バックパックなら40Lくらいのものがベストです。

勤務中は制服や着物などが支給されるケースが多く、短期リゾバだと休日が少ない場合がほとんどなので、そこまで着替えを持っていく必要はありません。私服は2パターンもあれば十分でしょう。

 

1ヶ月前後の場合

1ヶ月の場合でも基本的にダンボールで送る必要はありません。1週間用などの大きめのスーツケース、もしくは60Lなどのバックパックなどを持っていきましょう。

そして、どうしても荷物が多くなる場合はスーツケースとリュックの二刀流です。周りに何もない田舎だったり離島にいく人はこの方法が確実です。

登山用のリュックだと肩への負担も減って持ち運びやすいですよ!

3ヶ月以上の場合

3ヶ月以上の長期間の場合は、ダンボール3箱とスーツケースが鉄則です。勤務先で細々とした買い物をするので、荷物が増える分を見越しての量です。

・生活関連

・服

・漫画などの趣味

という風に3箱でまとめるのがオススメです。男子はもう少し荷物を減らせるかもしれませんが、女子は服や化粧品などでかさばりやすいので、頑張って荷造りをしてみましょう!

 

仕事上の必需品

では次に、実際に働く際の必需品を見ていきます。勤務先によって用意してくれるものが大きく変わるので、詳しくは自分で確認してみましょう。

どの仕事にも共通して必要なのがメモ帳とボールペンです。教えてもらったことをメモするときに利用するので、ポケットに入る手のひらサイズのものがいいでしょう。メモを取ると誠実さも伝わるので、これは確実に持っていきましょう。

合わせて腕時計もつけていると便利です。毎回スマホを出して時間を確認するのは業務上スマートではないですからね。

 

ホテル・旅館・ペンションの持ち物

フロントやレストランで働く場合は、

①独自の制服を全て貸し出ししてくれる

②白のバタンシャツや黒の革靴を自分で用意

のどちらかです。

旅館で仲居さん(和服を着て配膳のお手伝い)の仕事をする場合は、着物の下に着る足袋などの小物の用意が必要です。支給してくれる旅館もあるのでそこは確認必須です。

調理師の仕事の場合、包丁を持っていくケースもあります。逆に、調理補助としての仕事であれば、調理場にある道具を使うことがほとんどなので、特に用意するものはありません。

ペンションや民宿などでの裏方の仕事はこれといって必要となる荷物はありません。清潔感があって動きやすい服装を心がけましょう。

 

スキー場バイトの持ち物

スキー場に限らず冬のリゾートバイトは、寒さや雪に対応した持ち物が必要です。

リフト係やゲレンデ係はもちろんのこと、それ以外の仕事でも「スノーブーツ」は必ず持っていきましょう。というのも、雪山の仕事は職種に限らず、雪かきの作業をする可能性があるからです。

他にも、防水性の優れた手袋やフリース、セーターの準備が必要です。寒さで風邪を引いてしまうと働けないし病院代がかかるし本末転倒です。

特に冬のリゾートバイトは万全の準備をして向かいましょう。

 

その他施設での持ち物

農場や牧場で働く場合は、汚れても良い服を何着か用意していきましょう。ダイビングなどのマリンスポーツ系では水着が必須です。

仕事で使う持ち物を忘れた場合、リゾート地ではすぐに購入できないケースも多いです。そうなると勤務先に迷惑がかかることになるので、仕事上の荷物は絶対に忘れないようにしましょう。

 

リゾバが120%充実する娯楽の必需品

休日の楽しみ方によってリゾートバイトの充実度は変わります。ここでは、休日のQOLをあげる娯楽や、周りと仲良くなれるオススメゲームを紹介します!

本や勉強道具

寮内は基本的に静かで一人の時間が多いので、好きな本や資格の勉強をするのがオススメです。リゾートバイトを機に、新しいことを初めて見るのもありですね。

お金だけでなく、自分磨きに時間をかけることができるので本や勉強道具は持っていって損しないです。

 

トランプなどのアナログゲーム

定番といえば定番ですが、やはりトランプやUNO強いです。ほぼ全員ルールを知っていて、知らなくても簡単に覚えることができるので現地で仲良くなったスタッフ同士で遊ぶのに最適です。

特に仕事終わりや天気が悪くて外に遊びに行けない時に大活躍です。最近はボートゲームも流行っているので、これらを持っていけばまず間違いないです。

おすすめはこの記事でまとめてあります。

 

Wiiなどのゲーム機&充電器

アナログなゲームだけでなく、みんなで遊べるゲーム機を持っていくのもありです。

ただし、テレビがないとプレイできなかったり参加人数も限られているので、募集人数やテレビの有無を事前に確認しておきましょう。

 

Amazon Prime

先ほども紹介しましたが、Amazon Primeに加入すると映画やドラマが見放題です。一人で見るもよし、仲良くなったスタッフと見るもよしです。

他にも以下のような特典があり、学生だと半年間無料で利用できるので登録しないとむしろ損です。

①映画やテレビ番組が見放題

②漫画や小説などの電子書籍が読み放題

③100万曲以上の音楽が聴き放題

④写真を容量無制限で保存

⑤会員限定先行タイムセールに参加できる

⑥お急ぎ便・日時指定便が無料で利用可能

⑦たったの1時間で荷物が届くPrime Nowが利用可能

Prime Studentを見てみる

詳しくはこの記事でまとめたので、参考にしてみてください。

 

リゾートバイトに不要な持ち物

逆に、リゾートバイトで不要だったという意見が多い荷物はこちら。

おしゃれすぎる服

体験者
体験者
新しい服を買って持って行ったが、田舎すぎてすぐにおしゃれをする気が失せました・・・

 

多額の現金や貴重品

体験者
体験者
共同生活で盗難の可能性も考えられるので、現金は最低限に抑えました

 

大きい音が出るもの

体験者
体験者
共同生活だと騒音問題が考えられるので、楽器やスピーカー付きのオーディオを持っていくのは控えました

 

ペット

体験者
体験者
基本的にどの寮もペット同伴不可で、周りにも迷惑がかかるので控えました

共同生活なので、周りに迷惑がかかるかもしれない荷物は極力持っていかないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

基本的に荷物は少なくすることが大事であり、いざというときは勤務先に荷物を郵送する方法が理想です。値段も大サイズ1箱2000円ほど(関東から送る場合)とリーズナブルです。

荷物の準備がしっかりできれば、現地で慌てることもなく充実したリゾートバイトになること間違いなしですよ。

とにかく稼ぎたい人→リゾートバイト.com

女性人気&時給が高い求人を探したい人→アルファリゾート

短期間の求人を探したい人→リゾバ.com

サポートが神対応でリゾバ選びに失敗したくない人→リゾートバイト.net

20代前半の大学生との出会いを求める人→ハッシャダイリゾート

友達とリゾバしたい人→はたらくどっとこむ