大学生活

【内定を取った大学生】にオススメなゴールドカード3選【入社前から差をつけろ】

 

内定者
内定者
就活が終わって内定が出たけど、社会人になるタイミングで新しくクレジットカード作ろうかな〜。どうせならゴールドカード持ちたいけど大学生の時に申し込んで通るのかな?可能ならオススメも教えて欲しい!

この記事はそんな疑問にお答えします。

大学生の頃のクレジットカードは便利さという一点で選んでいたと思いますが、社会人のクレジットカードは主にステータスを表すものでもあります。

特にゴールドカードやブラックカードを持っている=社会的地位があるということなので、持つカードは慎重に選ぶ必要があります。

そこで今回は、内定をもらった大学生が絶対に持つべきゴールドカードをランキング形式で3つ紹介します。

社会的ステータスもさることながら、空港ラウンジが利用できるなどの機能性も兼ね備えたものを厳選して紹介します。

 

内定者がゴールドカードを持つメリット

学生のうちに前もってゴールドカードを持つメリットとしては2つあり、

①クレジットヒストリーをお得に育てられるから

②そもそも社会人になると時間も余裕もない

それでは一つずつ見ていきます。

 

クレジットヒストリーをお得に育てられるから

クレジットヒストリーとは、国内の金融機関であなたを審査する際に参考にしている情報のことです。

クレジットカードの日々の返済や携帯電話料金の支払い状況などが網羅されていて、きちんと信頼を積み重ねていれば将来プラチナカードやブラックカードを発行できる可能性が高まります。

なので、学生→社会人に移行する時に、卒業旅行や引っ越し関連、スーツにワイシャツなど額の大きい買い物の支払いをクレジットカードで済ませ、信頼を積み重ねておくことが大切です。

内定者
内定者
それなら別に今持ってるクレジットカードで支払ってもいいんじゃないの?

もちろんそれでも構わないのですが、ゴールドカードはポイント還元率が一般的なものと比べて高いです。

ポイント還元率が0.5%のものと2%のものを比べると、100円の買い物ごとに4円の差が生まれます。

たかだか4円と思うかもしれませんが、卒業旅行や引っ越しなどで数十万というお金がかかります。

仮に引越しや新生活が始まる時に30万円かかったとすると、それだけで12000円の差が生じます。

普段の買い物からお得にポイントを貯めて、なおかつクレジットヒストリーを育てるためにもゴールドカードの準備がオススメです。

 

そもそも社会人になると時間も余裕もない

ポイント面やクレジットヒストリーの面もあるのですが、社会人になると初めは覚えることが多く、生活スタイルも変わって毎日忙しくなります。

そうなるとクレジットカード選びにかける時間がなくなるので、仕事が本格的に始まる前に選ぶことをオススメします。

社会人は使えるお金も増えるので、年間100万円単位で支出があります。

その分のポイントも無駄にしないように、余裕のあるこの時期にゴールドカードを持つことが最適です。

内定者
内定者
大学生でも持てるおすすめのゴールドカードを教えて欲しい!

では次に、内定をもらった大学生が所有可能なゴールドカードをランキング形式で3つ紹介します。

 

内定をもらった大学生が所有可能なゴールドカード3選

絶対に持っておきたいゴールドカードを第3位から見ていきます。

 

三井住友プライムゴールド

言わずと知れた高いステータス性と使い勝手の良さが魅力の一枚。ゴールドカードの入り口としては総合力の高い、安心感のあるカードとなっています。
総合評価
機能性 国内28の空港ラウンジ利用可能
ポイント還元率 0.50〜2.50%
年会費 初年度無料(2年目以降は条件付きで1500円)

公式HPを見てみる

 

やはり王道はこのカードです。

入会資格は満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方となっているので、普通の学生でも通る可能性はありますし、内定が出ている場合はまず問題なく審査に通ります。

年会費は初年度無料で翌年度からも条件付きで1500円+税で利用することができる上、全国28の空港ラウンジを利用できる機能性も兼ね備えています。

30歳を超えるとゴールドカードに、さらにその先はプラチナカードへと進化する点も大きな特徴です。

ただし、王道が故に平凡という意見もあり、特徴的なゴールドカードを探している方には不向きかもしれません。

>>>三井住友プライムゴールドカードを見る

 

 

楽天ゴールドカード
ポイントが貯まりやすいかつ低年会費のゴールドカードとして人気な一枚。使い勝手のいいゴールドカードを探している人にはぴったりの一枚です。
総合評価
機能性 国内・海外の空港ラウンジ年に2回利用可能
ポイント還元率 楽天市場での還元率通常5%
年会費 2000円(入会で5000ポイントGET)

公式HPを見てみる

 

年会費がわずか2000円+税と安く、入会ポイントとして5000円分以上のポイントをもらうことができます。

これだけで2年分の年会費が無料になるようなものなので、いかにお得かわかると思います。

国内だけでなくハワイや韓国の空港ラウンジを年2回まで利用できるので、ちょっとしたリッチな気分を味わうことができます。

内定者
内定者
年間2回だけってゴールドカードの割に少ないな・・・

と思うかもしれませんが、大学生の終わりと新社会人の始めの期間で飛行機に乗る回数はそこまで多くないので、個人的には2回もあれば十分かなと思います。

また、楽天ゴールドカードは楽天市場以外でもポイント還元率が高いのも大きな特徴です。

通常還元率が5%と跳ね上がるので、毎月1万円の買い物をすると年間6000ポイントも貯まることになります。

>>>楽天ゴールドカードを見る

 

アメリカンエキスプレスゴールドカード
堂々の第一位。高いステータス性と機能性を兼ね備えた一枚。海外旅行保険も業界トップクラス。空港ラウンジが同伴1名無料。
総合評価
機能性 空港ラウンジ同伴者1名まで無料
ポイント還元率 基本は1%と高還元率
年会費 31900円(税込)

公式HPを見てみる

 

アメックスには独自の審査基準があり、申し込み者の社会的ステータスをその都度考慮してカードを発行しています。

つまり、カード発行する人を選んでいるので、アメックスを持っている=社会的ステータスが高いと定義されるわけです。

20歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方が対象であり、普通のアルバイト学生では絶対に審査は通りません。

選ばれた者だけが所有できるわけですね。

年会費は約3万円と高額ですが、それを払ってもお釣りがくるほどのステータス性&優待が受けられるので、使い方次第では年会費が安く感じるでしょう。

内定者
内定者
どれだけステータスが高くて、どんな優待があるのか教えて欲しい

アメックスの優れている点はこの3つ。

①豊富な付帯サービス

②ポイント還元率が高い

③保証サービスが手厚い

それではひとつずつ見ていきます。

>>>アメリカンエキスプレスゴールドを見る

 

豊富な付帯サービス

アメックスゴールドカードの人気のサービスとしては、空港ラウンジ利用があげられます。

国内外30を超える空港ラウンジがカード会員と同伴者1名まで無料で利用することができます。

普通はカード保有者のみですが、同伴者も利用できるので2倍お得ですね。

さらに、手荷物を無料で自宅や空港まで届けてくれるサービスがあるので、使えば使うほど年会費の元が取れてしまいます。

さらにさらに、指定のレストランで2人分の食事代が1人分で済むゴールドダイニングというサービスも行なっています。

年会費で見ると高く思えますが、月々で考えると2500円+税くらいでこんなサービスを受けられるので、そこまで負担ではないと思います。

 

ポイント還元率が高い

ポイント還元率が1%と高還元率の部類であり、しかも有効期限のない永久不滅ポイントです。

せっかく貯めたポイントが消滅してしまった・・・なんて悲しい結果を招くことは二度とありません。

貯めたポイントはマイルやホテル代、カード利用代金に充てることができます。

年会費が別途で3000円+税かかりますが、メンバーシップ・リワード・プラスに加入するとマイルへの交換還元率が上がるので、海外出張や旅行が多い人はぜひ活用してみてください。

 

保証サービスが手厚い

アメックスは保証サービスが手厚く、カードを無くした時に不正に利用された時の利用代金を全額負担してくれます。

さらにインターネット上で不正利用された場合も全額負担してくれます。

そして、何より充実しているのがリターン・プロテクションです。

アメックスカードで購入した商品を何らかの理由で返品したい場合、仮に購入店が拒否した場合でもアメックスが負担してくれるサービスです。

もちろん上限はあり、1商品3万円までですがいざという時に助かります。

内定者
内定者
ゴールドカード作ってみたいけど、年会費3万円はちょっと高いかな・・・。もう少し安いアメックスってあるの?

アメックスには、ゴールドのひとつ下にグリーンというランクがあります。

こちらは年会費が1万円強と比較的作りやすく、空港ラウンジのサービスもゴールドカード同様に利用できます。

また、世界の空港でVIP待遇を受けることができるプライオリティ・パスも利用できます。

通常1万円近くする年会費が無料になりしかも1回4000円ほどかかるVIPラウンジの利用料が年2回まで無料になります。

グリーンというランクではありますが、正直他のカード会社のゴールドカードかそれ以上のステータスと機能性があります。

なので、対外的なステータスも欲しいけど、過剰に年会費を払ってもサービスや優待を使いこなして元を取る自信がないという人にオススメです。

まずはグリーンカードで申し込みをしてメリットを感じた後に、ゴールドカードにステップアップするのが王道かもしれませんね。

>>>アメリカンエキスプレスグリーンを見る

内定者
内定者
サービス内容だけでみるとゴールドもグリーンもそんなに変わらないのか。アメックスを持ちたいんですけど、詳しい作り方を教えて欲しい!

では次に、内定者がアメックスを作る時の手順を解説していきます。

 

内定者がアメックスを申し込むために

必要な書類は以下の3つ。

①本人確認書類

②内定通知書

③学生証

クレジットカードを申し込む流れは今までと変わらないのですが、必ず内定通知書を用意しましょう。

というのも、継続的な収入があるかどうかを判断するために必要だからです。

10月1日以降の内定式で発行されると思うので、それをコピーしてアメックスに送りましょう。

内定者
内定者
必要書類を準備したし、早速ネットで申し込むぞ!

アメックスは大学生をターゲットにしていないので、基本的にネットから申し込むことができません。

内定を持っている持っていないをそこで判断できないからです。なので、個人向け申し込み電話番号に直接かける必要があります。

アメックス電話番号  0120-020-222 平日は午前9時〜午後9時まで 土日祝日は休み

オペレーターにつないでもらい、「内定者向けのキャンペーンを現在行なっているか?」を確認しましょう。

もしやっていないと言われた場合は、学生として申し込むことはできません。

その代わり、社会人としてネットから申し込みをしてみましょう。

社会人並みの給与をもらう、もしくはもらう予定の場合は身分は学生であっても審査に通る可能性があります。

大学を休学して東京でインターンをしている友達がグリーンカードを持っていたので、ネット申し込みにチャレンジしてみましょう。

>>>アメリカンエキスプレスグリーンを見る

 

内定者のクレカに関するQ&A

ここでは内定者がクレジットカードを作るときによくある質問に回答していきます。

カードを作るときに内定先って関係ありますか?

内定先の記入欄があるカード会社もあるので、勤務先の欄に就職予定の会社を記載しておくことをおすすめします。

別に自慢するわけでもないので、書いたことでプラスに働くことはあっても、マイナス評価を受けることはまずありえません。

 

今まで使っていたカードはどうすればいいですか?

大学入学から使っていたクレジットカードは予備で1枚ほど取っておいていいでしょう。

というのも、特にゴールドカードは利用額も多く、ポイント還元率も高いのでそれ1枚で万能に利用できるからです。

もちろん、海外旅行に行く場合は少しでも多く補償されていた方が安心なので、そういった目的別にカードを取っておくことをオススメします。

過去のカードの解約を放置していると、知らない間に年会費が取られることもあるので注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

内定者のうちからゴールドカードを持つと、クレジットヒストリーが育って信頼を蓄積することができます。

おすすめのゴールドカードとしては、

第三位 三井住友プライムゴールド

第二位 楽天ゴールドカード

第一位 アメリカンエキスプレスゴールドカード

年会費がネックの人は、アメリカンエキスプレスグリーンカードがおすすめです。

他のカード会社のゴールドカード以上のステータスとサービスを受けるおことができますよ。

学生と社会人のはざまの時間のあるときに、どのカードを発行するのか考えてみましょう。