大学生

【もう吐かない】お酒に強くなって飲み会で二度と潰れない方法【大学生必見】

 

あなた
あなた
飲み会は楽しいんだけどお酒強くないし、いっつも潰れちゃうんだよな・・・。あーあ、お酒に強くなってもっと飲み会楽しめたらなー。なんかいい方法ないかな?

忘年会や新年会、週末の飲み会や宅飲みなどお酒を飲む機会は様々ですが、お酒に弱い人にとってはなかなか辛いものがありますよね。

場の雰囲気に合わせて楽しみたいけど、すぐに酔って潰れてしまって時には迷惑をかけることも・・・。

でも、どうせなら他の人と同じくらいのタイミングで酔って楽しみたいところ。

そこで今回は、お酒に強い・弱いを分ける重要なポイントと、それを踏まえてお酒に強くなる方法を解説していきます。

僕はこの方法で以前よりもお酒を飲めるようになったので、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそもなぜ酔うのか?

なんでお酒を飲むと酔っちゃうの?その仕組みがわかれば対策を立てやすい気がする!

簡潔にまとめると、お酒に含まれるアルコールが血液に溶けて脳に運ばれることで、脳が麻痺をして酔った状態になります。

そして、そのアルコールは同時に肝臓に運ばれてアセトアルデヒドという物質に分解されます。

アセトアルデヒドは吐き気や頭痛の原因となる物質です。

さらに肝臓ではALDH2という酵素によってアセトアルデヒドが分解されていき、徐々に酔いが覚めていきます。

つまり、いかに早くアセトアルデヒドを分解できるかどうかがお酒の強さを決めているわけです。

 

お酒の強さは何で変わる?

上でも説明したように、アセトアルデヒドを分解する酵素の量がお酒の強さを決めています。

あなた
あなた
じゃあその酵素の量を増やせばお酒に強くなるんだね!

それは間違いないのですが、酵素の量は遺伝によってある程度決められています。

お酒に強い遺伝子を2本持っている人は、アセトアルデヒドを速やかに分解できる酒豪タイプであり、主に西洋人に見られます。

逆に、弱い遺伝子を2本持つ人は、分解能力が低い下戸タイプであり、日本人に多く見られます。

表にするとこんな感じ。

活性タイプ 白人(出現率) 黒人(出現率) 日本人(出現率)
活性型 100% 100% 約50%
不活性型 0% 0% 約40%
失活性型 0% 0% 約10%

 

表にもあるように、白人や黒人はお酒に強くなる遺伝子をほぼ100%の確率で持ち、日本人は約半分がお酒に弱い人種なわけです。

お酒に酔いやすいかどうかのベースはこの酵素量が左右しているので、ひたすら飲み続けても本質的には強くならないわけです。

そっか・・・じゃあもうこれ以上お酒に強くはなれないんだな・・・。
翔平
翔平
と悩んでいる人。まだ諦めるのは早いよ!

 

お酒を飲み続ければ強くなるのか?

お酒を飲み続けても本質的には強くならないと先ほどお伝えしましたが、慣れや思い込みの範囲内では強くなります。

というのも、自分にとって酔いにくい飲み方が段々わかってくるからです。

僕もお酒を飲み始めの頃はビール2杯で限界でしたが、事前に軽食をとって飲み会中も適度にチェイサーを挟むことで、最近はビール5.6杯飲めるようになりました。

また、同じアルコール度数でも自分が酔いにくいお酒なんかも見つかります。

もちろん、これ以上は遺伝子の問題なので飲める量は増えないと思いますが、飲み方次第で飲める量はだいぶ変わります。

なので、飲み続けることで自分にとって酔いにくい飲み方が見つかってお酒に強くなる、という方法は十分ありえます。

でも体の大きい力士やプロレスラーはお酒に強いイメージがあるけど、あれはたくさんお酒を飲んだからじゃないの?

確かに力士やプロレスラーなんかは、ビール瓶を1ダース開けた・日本酒をそのまま飲み干したなんて酒豪エピソードがよくありますよね。

そもそも体の大きい人はアルコールを分解する肝臓も大きいので、アルコール処理能力が高くなります。

なので、体格のいい人に酒豪が多いのは必ずしもお酒をたくさん飲んだからではなく、肝臓そのものが大きいからだと考えられます。

加えて最近の研究で、アルコール代謝を繰り返すうちにアセトアルデヒドを分解するALDH2やCYP3A4という酵素の活性が増して酒に強くなるというデータが取れました。

お酒を飲み続けると強くなったと感じる人は、これらの酵素の活性が強くなったものだと考えられます。

もちろん個人差はありますが、無理のない範囲で試してみてはいかがでしょうか。

ただし、お酒を飲まない生活が続くとその酵素も活性が下がるので、以前と同じ状態に戻ってしまいます。

 

大事なのは自分が飲める限界を知ること

飲み会を楽しんで二日酔いにならないためにも、まずは自分がどれだけアルコールを摂取できるのか限界を知っておきましょう。

自宅でできるパッチテストもあり、市販の消毒液をガーゼに染み込ませて時間の経過とともに皮膚が赤くなるかどうかをチェックする、というものです。

ひとつの目安ですが、皮膚に貼ってから7分後に赤くなっていればお酒が飲めない体質、10分後に赤くなっていればお酒に弱い体質です。

これもあくまで一般論なので、自分の限界を知るためにも一度「やばい、、、もう無理だ!」と思うまで飲んでみましょう。

特に大学生は自分の限界を知っておかないと、あとで取り返しのつかないことになるケースも多いので、早いうちにアルコールの上限を知っておくことは大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

お酒の強さは遺伝によってある程度決まっており、お酒を飲み続けることで酵素が活性して強くなる可能性は少しですがありえます。

また、お酒を飲み続けることで自分にとって酔いにくい飲み方や種類が見つかって、今までよりも飲む量を増やすことは可能です。

そうやって少しでも飲める量を増やして、今までよりも飲み会を楽しんでくださいね。

でもお酒飲みすぎて二日酔いになるの辛いな・・・

そんな人はこちらの記事がオススメです。