大学生

【海外旅行】僕が12万3000円節約するために実践した7つの秘策を伝授【簡単です】

 

大学生
大学生
海外旅行に行きたいけど、手元にあるお金少ないし節約する方法を知りたい・・・
大学生
大学生
節約はしたいけど、現地で沢山お土産は買いたいし、欲張った食事もしたい!
大学生
大学生
節約しつつクオリティを下げないコツって何かあるのかな?

格安飛行機などの影響で、海外旅行をする人が年々増えています。

しかし、海外旅行という単語を聞くだけで「どうせ高いし私には無理そう」と敬遠してる人に朗報です。

僕はこれから紹介する方法で、トータル12万3000円分のコストを抑えることに成功し、計3ヶ月もヨーロッパを巡ることができました。

そこで今回は、お金がなくて苦しむ大学生に向けて、簡単に費用を節約できる7つの秘策を解説していきます。

翔平
翔平
難しいことは一切ないので、節約術をマスターしちゃおう!
こんな人にオススメ

・毎日ホステルに泊まるような貧乏学生

・少しでも節約して海外旅行を楽しみたい人

・バックパッカーを目指している人

 

今回の旅程とかかった費用

さっそく節約術を紹介したいのですが、その前に僕がどれくらいの期間でどれくらいの出費があったのか、簡単に紹介します。

日程

2019年5/28~8/21

かかった費用はこんな感じ。

・飛行機代 約8万円(アシアナ航空)

・宿代 約20万円(一泊約2,500円)

・食費 約12万円(一日約1,500円)

・移動代 約8万円(Flixbus)

・お土産代 約6万円

・下準備代 約6万円(バックパック等)

3ヶ月のヨーロッパ旅行で大体60万円ほどでした。

ただ、これから紹介する7つの秘策に取り組んで10万円以上は節約できたので、だいぶ助かりました。

1週間ほどの短期旅行でも十分使えるテクニックなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

節約するためにした7つの秘策

節約するための秘策は以下の7つです。

①オフシーズンをとにかく早く予約する

②海外保険をクレジットカードで代用

③Airbnbを使う

④クレジットカードのキャッシング機能を使う

⑤Free Wi-fiだけで生活する

⑥ネットで観光スポットのチケットを購入

⑦一芸を磨く

それではひとつずつ見ていきます。

 

オフシーズンを予約する

まだ海外に行く日程が決まっていない人は、オフシーズンを狙ってみてください。

というのも、それだけで簡単に3~4万円ほど節約できるからです(ヨーロッパの場合)。

実際にスカイスキャナーで成田―ローマの便を見てみると、オフシーズンである12月の方が、バカンスシーズンである8月よりも片道1~2万円安くなっています。

そして、直前の予約になる程安い席も無くなって高値になるので、土日が絡んだ旅行の場合は少なくとも2~3ヶ月は余裕を持って予約しましょう。

記事を書いている今日(2019年10月15日)から約1ヶ月後のフライトでも、写真のように往復50000円のチケットも売ってます。

ちなみに僕は出発2ヶ月前に往復航空券を取り、出発が5月、帰国が8月となかなかのハイシーズンでしたが、先手必勝で相場よりも3~4万円節約して予約することができました。

大学生
大学生
でも安いとトランジットの時間長いし退屈だ・・・

そう思う人はアシアナ航空がオススメです。値段も相場よりも安く、世界のハブ空港である仁川国際空港でのトランジットとなるので、見る場所遊ぶ場所があふれています。

中でもオススメは空港からバスで5分のところにあるパラダイスシティカジノ。

カジノを楽しめるだけでなく、一流のディナーも無料で楽しむことができます。

詳しくはこの記事を参考にしてみてください。

 

海外保険をクレジットカードで代用

次にコスパのいい節約術がこれ。

というのも、海外保険に加入する分をクレジットカードの無料付帯でカバーできるからです。

僕の場合、3ヶ月で見積もりをお願いしたところ、5万円前後が相場でした。

海外旅行補償に強いクレジットカードを複数枚持ち歩くことで、保険に加入した時と近い補償を受けることができます。

もちろん、アメリカのように保険料が異常に高い国の場合はしっかりと保険に加入することが大切です。

日本で60万円で済む盲腸の治療も、アメリカで手術をした場合なんと550万円かかるそう。

ヨーロッパはそこまで医療費が高くないので、複数枚のクレジットカードの代用で問題ありません。

 

Airbnbを使う

海外旅行の出費がかさむのが宿泊費です。そんな時に役に立つのがAirbnb。

個人が副業として自分の家を貸し出していて、ホテルやアパートメントよりも割安の場合が多いです。

ホテルと違ってキッチンなども自由に使えるし、運が良ければホストの方と一緒にご飯を食べたりなんて現地交流もできてしまいます。

ただし、宿泊前には自分でコンタクトを取る必要があり、チェックインの時間や鍵の受け渡し場所など、基本的に英語でのやり取りになります。

そこまで高度な英語力は必要ではありませんが、ある程度のコミュニケーションが取れる人にオススメです。

僕は宿泊費が法外に高いスイスとリヒテンシュタインで使いました。

両国のホステルは安くて7000円とかだったのですが、Airbnbを使って4000円ほどで泊まりました。少しでも出費を抑えたい方にはオススメです。

 

クレジットカードのキャッシング機能を使う

意外と知られていないコツとして、クレジットカードのキャッシング機能があげられます。

というのも、海外での両替は手数料が発生しますが、キャッシングならば手数料が0円、かかるのは金利だけだからです。

ローマの空港で両替をしてもらおうと両替所に寄ったのですが、4万円分の両替で手数料が50€(大体6000円くらい)と言われました。

一般にかかる手数料の何倍も提示してきたのですが、海外に来たばっかりで浮き足立っている分、イカサマをされても気がつくことができません。

しかし、キャッシングを利用すれば金利分だけ払えばいいので、金利が年18%だとしても翌月に返せば金利はたったの500円です。

キャッシングと聞くと少し印象は悪いですが、かかる手数料で見ると圧倒的にお得なので、積極的にこの機能を使っていきましょう。

 

Free Wi-fiだけ使う

意外と節約できたのがこの方法。レンタルWi-fiや現地SIMカードを購入せずに、公共のFree Wi-fiだけで生活するというものです。

どんなに安くてもレンタルWi-fiの場合、1日400円はします。3ヶ月いたらそれだけで36000円です。

現地のSIMを買う場合も、これだけヨーロッパを回っていたら基本的にその国ごとにSIMを買う必要があり、なかなかの出費となってしまいます。

もちろん、スマホが自由に使えない分困ったことが多いですが、終わってみればなくても問題ありませんでした。

詳しくはこの記事で書いています。

大学生
大学生
さすがにFree Wi-fiだけは厳しいな・・・

そう思う人にオススメなのが、Wi-Ho!のSIMカードです。

①ヨーロッパ32カ国で利用できる

②5GB/30日間の大容量SIMが3000円台で購入できる

③渡航前に日本で購入できる

④初心者でも分かりやすいマニュアル付き

⑤安心の24時間日本語サポート

ぱっと思いつくだけでもこれだけメリットがあり、控えめに言って優秀すぎます。

詳しくはこちらの記事で書いているので、参考にしてみてください。

 

ネットで観光スポットのチケットを購入

特にヨーロッパは観光スポットの宝庫です。チケットの買い方は、

①現地で直接購入

②オンラインで購入

の2パターンあるのですが、絶対に後者がオススメです。

というのも、価格が安くなることはもちろん、当日オンライン用の入り口からスムーズに入場でき、時間を有効に使えるからです。

僕がよく使っていたのがTiqetsというサービス。

https://www.tiqets.com/ja/

こんな感じで国内外の観光スポットのチケットをオンラインで購入することができます。日本語対応しているのもありがたいですね。

年齢によっては割引入場券があるので、それをうまく活用しましょう。

 

一芸を磨く

これは奥の手ですが、何か一芸を磨いて披露すれば奢ってもらえる機会が増えます。

相手を楽しませようとする姿勢が伝わるからだと思います。

僕はカードマジックを移動中に練習をして、ルームメイトに

翔平
翔平
こんにちは、日本から来たマジシャンです

と変に謙遜せずに自分を高く評価して自己紹介をし、よくマジックを見せてました。

僕はど素人だったので、バスで移動する8時間ずっとトランプの練習してた日もありましたが、芸は身を助けるとはよく言ったものです。

奢られる以上に、海外の友達が増えるので言語を超えるコミュニケーションツールを磨くことをオススメします。

 

 

そもそもの資金を増やすために

今までお金を節約する方法を紹介しましたが、そもそもの資金を効率よく増やすことも大切です。

特に大学生は、以下の2つの方法がオススメ。

①リゾートバイト

②治験

それではひとつずつ見ていきます。

 

リゾートバイト

リゾートバイトは時間のある大学生にとって最も効率よく稼げるアルバイトです。

というのも、住み込みで働くので「家賃・水道光熱費・食費・往復交通費」が全て無料となり、稼いだお金は全て自分の財布に入るからです。

また、普通のアルバイトでは経験できない、地方の観光都市での貴重な体験をすることができるのものひとつ魅力です。

例えば、北海道だとこんな感じ。

人気エリアのニセコは、外国人旅行者が多いので、ホテルのフロントで語学力を磨くことだってできてしまいます。

お金もたまるし語学力も上がるし、しかも家賃などかからないのでお金は100%自分のものになる。

使い方によっては、ただお金を稼ぐ以上のことを経験できるので、リゾートバイトをおすすめします。

中でも、Alpha Resortという会社は、語学留学を考えている人向けに、英語環境で働きながら英会話レッスンを受けることができる「留学生応援プラン」を始めました。

留学をしたいけどお金がない、いきなり英語環境に飛び込むのは不安、そんな方にぴったりですね。

そのほかにも、日本各地の面白いリゾートバイトを扱っているので、一度確認してみるといいですよ(^ ^)

 

 

治験

時間はあるがお金はない、そんな大学生にオススメなのが治験です。

治験とは、国からまだ承認されていない新薬の安全性と効果を確かめる、いわば実験です。

実験と聞くとリスクが高いように思われがちですが、数々の研究や動物による実験をクリアしているので、安全性はかなり高く、薬の服用時以外は何をしても構いません。

映画を見たり漫画を読んだり、パソコンで作業をしたり。

それだけ自由にも関わらず、5日で10万円を“手渡し”でもらえたりと、他のバイトにはない高額報酬&即金性なので、サクッとお金を貯めたい方にはぴったりです。

中でもオススメはシスモールの治験です。主に関東・関西での治験案件が多く、通院・入院などタイプも数多く取り揃えています。

また、あらゆる専門医師がかかりつけ医となり、定期検診も無料でやってくれるのも魅力的です。

大学生
大学生
少しでも早く海外に行きたいけど、お金がない・・・!

なんて人は、一度登録して条件に合う案件を探しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回紹介した7つの秘策を使うことで、

①オフシーズンをとにかく早く予約する・・・3万円

②海外保険をクレジットカードで代用・・・5万円

③Airbnbを使う・・・6000円

④クレジットカードのキャッシング機能を使う・・・4000円

⑤Free Wi-fiだけで生活する・・・2万円

⑥ネットで観光スポットのチケットを購入・・・3000円

⑦一芸を磨く・・・1万円ほど

トータル12万3000円ほど節約することができました。

もちろん全て概算であり、さらに3ヶ月という長めの期間だったのでここまで節約できました。

しかし、仮に10日ほどの旅行であってもサクッと5万円ほどは節約できるので、ぜひできそうなものから取り組んでみましょう。

そして、そもそもお金を効率よく稼ぐためには、

①リゾートバイト

②治験

といった手段が効果的です。

9割の人が努力を惜しんで何も行動に移さず、残りの1割が賢く節約をしています。

お金を節約して海外旅行を思う存分楽しむためにも、できることから始めていきましょう。