大学生

【無料&保証が最高ランク】海外旅行に持っていくクレジットカードはエポス一択【これだけは作ろう】

 

大学生
大学生
海外旅行に行くんだけど、オススメのクレジットカードってどれだろう?多すぎて選べないな
大学生
大学生
年会費をかけたくないけど、しっかりと海外保険の補償がついたカードがいい・・・
大学生
大学生
実際に海外で使った人の体験談も合わせて聞きたい

海外旅行に行くときに絶対に必要になるのが、クレジットカード。ですが、世の中にはクレジットカードが山ほどあるので、大学生の海外旅行にとってどのカードが最適なのか悩ましいですよね。

そこで今回は、主に大学生向けに、海外旅行に絶対に持っていくべき超おすすめのクレジットカードを紹介します。

今なら期間限定で2000ポイントがもらえるキャンペーンもやっているので、これを機にぜひ作っちゃいましょう!

こんな人にオススメ

・海外旅行に持っていくオススメのクレジットカードを知りたい人

・年会費をかけずにレベルの高い海外保険補償をしてほしい人

・海外旅行に最も向いているクレジットカードを知りたい人

 

海外旅行にエポスカードだけは絶対に持っていけ!

絶対に海外旅行に持って行ってほしいのがエポスカード。

エポスカードとは、首都圏を中心に展開する丸井というデパートで発行しているクレジットカードです。

あまり馴染みがないかもしれませんが、実は海外旅行に最も適した最強のクレジットカードなんです。

僕も3ヶ月間ヨーロッパを旅してましたが、出国5日前にエポスカードの存在を知り、急いで申し込みをしました。

このカードだけは作っておいて本当に良かったです。その理由を次に説明していきます。

 

エポスカードが最強な理由

海外旅行をする大学生にエポスカードがオススメな理由としては、

①最高ランクの海外旅行保険

②年会費が一切かからない

③海外でのキャッシングも安心

④緊急時に日本語でサポートしてくれる

⑤どこでも使えるVISAの安心感

それではひとつずつ見ていきます。

 

最高ランクの海外旅行保険

エポスカードを選ぶ一番のメリットとして、病気やケガをしたときの補償額の高さがあげられます。

というのも、海外では病気やケガをする確率が他の補償内容(損害や死亡補償)よりも高く、他のクレジットカードはその補償額を低くしているケースがほとんどだからです。

世の中のクレジットカードは、死亡保険が2千万だの1億円だのPRしていますが、その可能性が0に近いからそこまで補償額を高くできます。

しかし、一番発生確率の高い入院やケガに対する補償額は基本低く設定して、目立たないようにしているわけです。

発生確率が高いと、クレジットカード会社の負担が大きくなりますからね。

そんな中、エポスカードは病気の時は270万円、ケガの時は200万円まで補償してくれます。

この補償内容は、年会費が1万円以上かかるゴールドカード並みのものであり、大学生がよく作る三井住友VISAカードや楽天カードの遥か上をいくサービスとなっています。

 

年会費が一切かからない

それだけ優れた海外旅行保険にも関わらず、年会費が一切かかりません。

クレジットカードを一度も使わなくても年会費がかからないので、全く負担がかからないのも魅力のひとつ。

年会費1万円以上のゴールドカードと同等の補償を受けられるのに、年会費が無料なんてむしろ作らない方が損に思えてきます。

 

海外でのキャッシングも安心

海外で多額の現金を持ち歩くのは、特に治安の悪い地域では狙ってくれと言っているようなものです。

さらに、現金の盗難に遭っても、盗難保険の対象外なので、一円も帰ってきません。なので、必要な時に必要な分だけ海外のATMでキャッシングして下ろしましょう。

キャッシングと聞くとイメージが悪いかもしれませんが、多額の現金を両替するよりもトータルの手数料が低いのでオススメです。

ちなみに、エポスカードの年利は18%なので5万円キャッシングをしても、翌月に返せば手数料は1000円ほどです。

海外の両替所で換金すると、レートのいいところでもだいたい1500円ほど手数料が取られます。

なので、安全面と手数料を踏まえて、エポスカードのキャッシング機能を使いましょう。

さらにすごいのが、他のカードは事前にキャッシング機能を有効にする手続きが必要で上限も10万円ですが、エポスカードは申請不要で上限20万円です。

無駄な手間なくサクサク使えるのも魅力的です。

 

緊急時に日本語でサポートしてくれる

海外で困った時に日本語でサポートしてくれるサービスが利用できます。

海外にいるとトラブルはつきものです。英語が苦手な人ほど、トラブル時に英語だったり現地の言葉で対応するのはとても不安ですよね。

エポスカードは緊急時だけでなく、観光に関する情報も24時間日本語でサポートしてくれます。

年会費無料でもここまでサポートしてくれます。

 

どこでも使えるVISAの安心感

実際に海外に行ってわかったのですが、やはりVISAカードが最強です。

というのも、MasterCardやJCB、Amexなどは一部店舗で利用できなかったからです。

VISAはクレジットカード払い対応のお店全てで利用可能でした。

エポスカードはVISAカードなので、基本的にヨーロッパのどの国どの店舗でも安心して使えます。

 

エポスカードは日本でも大活躍

申込む人
申込む人
でも海外でしか使わないならなんかもったいないな・・・

海外旅行だけでなく、国内でもエポスカードは大活躍です。

そもそも丸井が発行しているカードなので、丸井で年に4回行われる「マルコとマルオの7日間」で会計が10%OFFになります。

さらに、その期間が無印良品が10%OFFになる「無印週間」と重なると、最大19%OFFになります。

特にお金のない大学生には嬉しいですよね。他にもこのような店舗で割引になります。

・カラオケ割引 30%OFF BIG ECHOやカラオケ館など

・映画料金割引 500円割引 ユナイテッドシネマやイオンシネマなど

・スターバックス ポイント2倍

カラオケや映画など、特に大学生はよく使うのでエポスカードで上手に節約しちゃいましょう!

 

エポスカードの唯一のデメリット

年会費無料で様々な特典が使えるエポスカードですが、デメリットを強いてあげるならポイント還元率が低いことです。

エポスカードは200円のショッピングごとに1ポイントもらえるのですが、世の中には100円で1ポイント以上もらえるクレジットカードも存在します。

なので、ポイントをためるメインのカードとしての能力はそこまで高くありません。

ただし、ためたポイントはAmazonの商品券やANAマイルなどに交換できます。

ポイントはたまりにくいですが、たまったポイントの返還率は良い方だと言えます。

 

エポスカードの賢い使い方

ポイント還元率が低いので、メインではなくサブカードとして持つことをオススメします。

メインはマイルやポイントが貯まりやすいカードで、海外旅行保険やキャッシングなどはエポスカードで、という風に使い分けが理想ですね。

そして、海外旅行に行くならメインは三井住友VISAカード、もう2枚のサブで楽天カードと学生ライフカードがオススメです。

というのも、全て年会費が基本的に無料で、海外旅行保険の出費を抑えられるからです。

僕もこの4枚を持ってヨーロッパ一周しましたが、無料なのに海外保険が非常に心強かったです。

三井住友VISAカードに海外旅行保険はないのですが、この組み合わせだと補償内容はこんな感じです。

保険の種類 死亡保険 治療費用 賠償責任 携帯品損害 救援者費用
エポスカード 500万円 270万円 2000万円 20万円 100万円
楽天カード 2000万円 200万円 2000万円 20万円 200万円
ライフカード 2000万円 200万円 2000万円 20万円 200万円

 

民間の海外保険は3ヶ月のヨーロッパ旅行で約5万円前後だったので、クレジットカードで代用をして、保険代をうまく節約できました。

他にも色々な方法で計12万3000円節約した方法はこちら。

三井住友VISAカード、楽天カードに関してはこの記事を読めば網羅できます。

 

まとめ

いかがでしたか?

エポスカードは以下の5つの理由から、海外旅行に行く大学生に最もオススメしたいクレジットカードとなっています。

①最高ランクの海外旅行保険

②年会費が一切かからない

③海外でのキャッシングも安心

④緊急時に日本語でサポートしてくれる

⑤どこでも使えるVISAの安心感

また、国内でもカラオケや映画館でもお得な割引を利用できるのも魅力的です。

現在実施中の入会キャンペーン

期間限定なのですが、今なら2000円分のエポスポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

ポイントはたまりにくいですが、逆にポイントさえ持っていれば効率よく他社の商品と交換できます。

2000ポイントあったら、2000円分のAmazonギフトコードがもらえますからね。

いつでも年会費は無料なので、これを機に作るのが賢明だと思います。