その他

【徹底解説】地方受験生が不利な点と逆転合格するための3つの戦略【合格率UPです】

 

受験生
受験生
ずっと地方に住んでいると受験の情報がなかなか入ってこくて不安だし、関東圏の受験生はレベルがたかそうで勝てる気がしない・・・どうしたらいいですか?

この記事はそんな悩みにお答えします。

大学受験で不利とされている地方受験生。受験に関する情報も少ないし、上京する友達も少ないしかなり不安だと思います。

そこで今回は、受験で不利とされる地方受験生がどうすれば関東・関西の受験生に勝って第一志望をつかむことができるのかを僕の体験談も交えてお伝えしたいと思います!

実際に僕は札幌生まれ札幌育ちの典型的な地方受験生だったので、“地方特有の悩みや勝つための戦略”がブログを読んでいるあなたの参考になれば嬉しいです!

こんな人にオススメ

・関東や関西の大学を目指す地方受験生
・受験旅行が不安な人
・周りに流されやすい人

 

地方受験生が不利な点

まずは地方学生が抱える大学受験のデメリットについて大きく分けて2つあげていきたいと思います。

①地方の大学に流されてしまう

②受験旅行が大変

関東・関西圏以外の地方の人ほとんどが抱えている悩みだと思うので、意識して読んでみてください。

 

地方の大学に流されてしまう

この問題は地方特有だと思うのですが、各都道府県にその県の名がつく国公立大学が必ずひとつは存在します。

その国立大学は自分のいる地方ではある程度のブランドがあり、実家から通えるので大学に入ってからかかるお金も節約できるし地元の友達も多く進学します。

そのため、地方にいながら関東圏などの難関大学を志望していたとしても、

受験生
受験生
合格できるかわからないし、お金の問題もあるし環境を変えたくないから地元にいよう

と、高校3年生の夏くらいに志望校を変更する受験生がとても多いです。

もちろん地元の大学に通って地元の友達と仲良く大学生活を送ることも悪くはないのですが、大学は人間関係を学ぶ場だと僕は思います。

日本各地から色々な価値観を持った人が集まり、多様性のある環境に身をおくことで、今後グローバル化が進む現代でより一層活躍できる力が身につくと思います。

なので、自分の行きたい大学を決めたら、周りに左右されないようなブレない心で受験勉強に取り組んでほしいと思います。

 

受験旅行が大変

地元以外の大学を受験する場合、飛行機の手配や旅館の予約など受験勉強以外のことにも気を遣わなければなりません。

高校生だと飛行機に乗る機会もあまり多くないと思うので、そのことで頭がいっぱいになり受験勉強どころではなくなる人もいます。

宿に着いても普段とは違う机で勉強し、息抜きがてら一度外に出ても知らない風景が広がっています。受験会場にも、もちろん知り合いは少なく、その地域の進学校の生徒が群れていつものように仲よさそうに話して緊張をほぐしていたりします。

自分は地方から乗り込んで完全アウェーの中、孤独と戦いながら本番を迎える、、、その状況の方が楽しいという人もいますが、多くの受験生は不安にかられると思います。

実際に僕もそのような状況で受験を受けて、不安でどうしようもなく、メンタルが崩壊しそうでした。受験会場に一人で乗り込んでいく。はなかなか大きいデメリットだと思います。

 

地方受験生が逆転合格するための3つの戦略

戦略=strategyこれ重要単語

そんなデメリットをかかえる地方受験生がどのような戦略を立てれば関東や関西圏の都会の受験生に勝って逆転合格を果たせるのか。

今回は予備校で実際に教えていて役に立ったと感じた3つの戦略をお話ししていきます!

①都会の受験生とつながる

②予備校の模試を受ける

③飛行機や宿は早めに予約

それではひとつずつ見ていきます。

 

都会の受験生とつながる

地方受験生はSNSなどを利用して積極的に都会の受験生と繋がりましょう。というのも、地方にいるだけでは入ってくる受験情報も少ないですし、田舎の塾や予備校のレベルは都会と比べて低いところが多いからです。

地方と都会の受験に対する当たり前は大きく異なります。一般的に関東圏は中高一貫の私立高校が多く、地方の公立高校よりも早いペースで受験勉強に取り組んでいます。

ライバルがどんなペースで勉強をしているのか知らないと対策の立てようがないので、まずは知ること。

例えば、中高一貫の高校は3年生に上がる時に数Ⅲはある程度終わっていますが、逆に僕のように公立高校に通っている人は3年の10月くらいに全範囲履修が終わると思います。

まずはその差を身をもって体感するためにも、賢い人とSNSで繋がって優秀層の当たり前の考え方を自分のものにしてみてください!

SNSを活用して成績を上げたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

予備校の模試を受ける

地方受験生は都会の人と比べて模試を受ける回数が圧倒的に少ないので、勉強の成果や都会のライバルとの差をチェックするために予備校の模試を積極的に受けましょう。

その時に、お金をケチらないようにしてください。お金をケチって模試を受けないでいるとうまく成績が伸びずに浪人してしまい、結果的により多くのお金がかかるという最悪のケースが生じてしまいます。

もちろん何も考えずに模試を受けるだけでは意味がありません。一回一回の模試を効率よく受験しましょう。模試の正しい活用法はこちら。

 

飛行機や宿を早めに予約する

地方受験生は飛行機や宿を早めに予約しましょう。なぜなら、受験が近づいてくると飛行機や会場近くの宿がどんどん埋まってきてしまい、宿探しで勉強時間を削ることになるからです。

どの受験生も大学近くの宿を予約する傾向にあるので、予約が遅れると宿探しが大変です。

もちろん、センター試験の結果をふまえて決めたい人もいると思うので絶対ではないのですが、なるべく早く予約して万全の状態で受験勉強に取り組んでほしいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

地方受験生のデメリットは2つあり、

①地方の大学に流されてしまう

②受験旅行が大変

そんな地方勢が逆転合格するための戦略として、

①都会の受験生とつながる

②予備校の模試を受ける

③飛行機や宿は早めに予約

地方学生が都会の大学を受験して合格するためには、戦略がとても大切です。飛行機や宿など取るのがめんどくさい、、と思って後回しにすると絶対に後悔します。

受験生時代の僕がとても後悔したので、せっかくこの記事を読んでくれているあなたにはそうなって欲しくありません。

なので、今回の3つの戦略を意識して地方学生のデメリットを払拭して第一志望合格を掴み取ってほしいと思います!

地方受験生に対してアドバイスできるので、何か悩みがある人は下の公式LINEに登録してみてください。

 

公式LINE@

 

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル強化術を配信中!

 

LINE@では
・ブログには書いていない勉強法
・ストレスフリーに勉強する方法
・やる気を上げるコンテンツ

など受け取ることができます!

 

さらに、今登録してくれた人には以前まで500円で販売していた有料電子書籍を無料でプレゼントします。

 

100ページほどあり、これを読むだけで簡単に偏差値5は上がるコンテンツになっています。

 

友達登録はこちらのボタンをクリック

 

LINEに登録すると学べること

 

・無駄を省いた効率的な勉強法
・スランプを脱出できる方法
・集中力を自分でコントロールする方法
・受験で勝つために必要な心構え
・成績を上げる授業の受け方
・失敗を成功に導く最強のメンタル術

 

などなど、配信しているテーマは様々です。

登録は完全に無料で、登録する場合は下のボタンをクリックしてください。

友達登録はこちらのボタンをクリック!

クリックしてもダメな場合は、こちらから検索またはQRコードを読み込んでください。

ID:@mqp7867l

翔平
翔平
最後まで読んでくれてありがとう!