最強の勉強法

【高2生必見!】受験スイッチを入れて周りに差をつける春休みの過ごし方

翔平
翔平
こんにちは。現役予備校講師の翔平です!

末試験が終われば春休み、
いよいよ「受験生」という言葉が
現実味を帯びてきます。

受験生
受験生
受験生になりたくないよ〜

と思っていたり、

受験生
受験生
これから1年間どうやって勉強していけばいいのかな?

漠然とした不安を抱えている人もいると思います。

そこで今回は、これから受験生になる高校2年生に向けて、

受験モードに切り替えてライバルに差をつける春休みの過ごし方について書いていきたいと思います!

こんな人におすすめ

・受験生になるこの時期に何から手をつければいいのかわからない人

・志望校は決まっているが、いまいち受験モードに切り替えられない人

・志望校がなかなか決められない人

・春休みのうちにライバルに差をつけたい人

アナタも今回紹介する3ステップを実践して、周りに差をつけましょう!

翔平
翔平
この記事は3分で読めるよ

志望校を決める

まず春休みが始まったらこれをしましょう。

何を勉強するにもゴールは必要不可欠。

自分がどの大学を目指しているのかハッキリせずに勉強するなんて、ゴールのないマラソンを走っているようなもんです。

そりゃ辛いわけです。

志望校を早く決めろという話は学校でも家でも耳にタコができるくらい言われていると思うので、具体的に志望校をどうやって決めればいいのかを紹介します。

翔平
翔平
おすすめを3つ紹介するね

得意な科目から考える

大学に入学するには、当たり前ですが受験勉強をして入学試験に合格する必要があります。

ただでさえ受験勉強が大変なのに、自分の苦手な科目や興味があまり湧かない科目を勉強するのってさらにしんどくないですか?

しんどいですよね?(強制)

だから、この教科なら受験勉強頑張れそう!とか、勉強してて楽しいなと思える科目を一度考えてみてください。

僕はどれだけ頑張っても国語だけは苦手で、授業中も拒否反応が出るし、成績も底辺レベルでした。

でも、数学と化学が勉強していて苦ではなく、わりと得意だったのでそれらの教科が入試で重要視される大学・学部に行こう!

と思い、今の工学部を選んだキッカケにもなりました。

自分の得意科目が分からない・・・という人は、授業中に眠くなりにくかったり、テストの成績が良かった、などに注目して、

受験勉強を頑張れそうな科目をまずは絞っていきましょう。

 興味のあることから考える

得意な科目だけではなく、自分の興味のあることから考えるのも1つの方法です。

志望校選びの助けになるような趣味や興味のあることを考えてみましょう。

僕の友達は、昔からパソコンをいじるのが好きだったので、情報系の学部に進みました。

運動が好きだった人はスポーツ学科に行ったし、英語が好きな人は外国語学部に進学しました。

そんな人に自慢できるような趣味も特にないしな〜と思う人は、

白紙の紙を持ってきてそこに、興味のある分野や将来やってみたいことをとりあえず書いてみましょう。

今僕が大学を選びなおせるとしたら、大学のプログラムで留学を取り入れているところにすると思います。

今僕が留学をしてみたい!と思っているからです。

こんな感じで自分のやってみたいことを軸にして大学を選ぶのもいいと思います。

 

大学の地域で決める

東京で大学生活過ごしたいな〜とか、北海道でのんびり過ごしたいな〜とか、そういう観点で大学を決める人も多いです。

特に僕が今通っている北大の学生は、北海道に魅力を感じて選んでいる人がやはり多いです。

〇〇に住んでみたい!と思うことだって立派な志望動機です。

周りの目なんか気にせずに、自分の気持ちに正直になってみてください!

そうすれば何か見えてくるものがあるはずです。

 

その大学の入試科目や配点を調べる

ある程度自分の行きたい大学がわかったら、その大学の入試の配点や科目を調べましょう。

「どの科目で受験できるのか」
「どの科目の配点が高いのか」

は、大学によって大きく異なります。

しかも、同じ大学でも学部や学科が違えば配点なども大きく変わります。

一生懸命倫理を勉強したのに、自分の行きたい大学の学部は、倫理で受験できなかった。

なんてこともあり得ます。

そんな失敗するもんか。
そう思っていても受験のシステムは結構複雑です。

例えば、早稲田大学を例にとってみます。

センター利用で早稲田大学の「文学部」と「政治経済学部」を受験する場合。

どちらの学部も

・国語の配点が200点であること

・世界史・日本史・地理・現代社会・倫理から1科目選ぶこと

・数学1Aの配点が100点であること

・理科の配点が100点であること

は同じです。

しかし、政治経済学部の場合はこれに加えて数学2Bが試験科目として必要になってきます。

さらに、政治経済学部は英語でしか入試を受けることができませんが、

文学部はフランス語や中国語で試験を受けることができます。

このように、同じ「早稲田大学の文系」の学部であってもここまで変わります。

文系だけど数学2Bが得意なら政治経済学部を、帰国子女でフランス語などができるなら文学部を、といったように志望校の配点を知ることで戦略を立てることができます。

自分の行きたい大学の入試で必要ない科目の勉強なんてする意味ありません。

そんな時間があったら、配点の高い、合否を大きく左右する科目に時間をさきましょう。

受験生
受験生
志望校がまだきめられないよ・・・

という人はとりあえず英語の勉強をしておきましょう。

グローバル化が叫ばれる現代では、ほとんど全ての大学で英語が必要になっています。

今のうちから英語に力を入れて勉強しておけば、あとから志望校が決まっても、英語以外の科目を重点的に取り組むことができますよ。

 

必要な科目の中で苦手なものに7割の時間をさく

※これはやりすぎ

自分の行きたい大学を受験するために必要な科目が分かったら、どの科目を重点的に勉強していけばいいのか優先順位をつけましょう。

優先順位の付け方としては、自分が苦手なものかつ大学の配点が高いものから優先するのがオススメです。

この春休みに一番やってはいけないのが、どの科目も同じくらい勉強して全部が中途半端に終わり、たいして成果に繋がらないことです。

それよりも、優先順位の高い、自分が苦手科目に多くの時間をさきましょう。

 

受験モードにうまく
切り替えられない時は

受験生
受験生
行きたい大学もある程度決まって、自分が勉強するべき科目もわかったけどイマイチ受験モードに切り替えられないな

そう思う受験生もいると思います。

なので、今すぐに始められて、気持ちを少しずつ受験モードに切り替えられるオススメの3つのアクションを紹介します。

 

スキマ時間で勉強する

通学の電車の中や、晩ごはんまでの30分間など、ちょっとした時間に勉強するようにしてみましょう。

僕はお風呂に入っている時に濡れても大丈夫な英単語帳を見たり、トイレに絶対に覚えないといけない公式を貼ったりしてました。

1日5分スキマ時間を使うことを1年間続ければ30時間になります。

30時間あったらセンター試験でトータル20点は絶対に上がります。

また、朝の時間もオススメです。

朝勉強することのメリットとしては、生活リズムが整うだけでなく、終わりを意識した勉強ができます。

受験生
受験生
家を出るまでの残り10分だけ頑張って勉強しよう

と思えばメリハリをつけることができると思います。

翔平
翔平
毎日のほんの少しの努力で結果は大きく変わるよ

 

勉強する環境を整える

目に見えるところにゲームやら漫画やらを置いておくと絶対に誘惑に負けてしまいます。

僕もゲーム機と100回くらい格闘した結果、97回は負けました。圧倒的大敗です。

ゲームや漫画を棚の奥にしまったり、親に預けたりするのがいいでしょう。

人の目がある方が緊張感があって勉強に集中できるという人は、リビングで勉強してみましょう。

東大生の半分はリビングで勉強していたという研究結果もあるので、オススメですよ。

 

志望校を紙に書いて
見えるところに貼る

自分の頭の中では志望校は決まっても行動にはなかなか移せません。

でも、紙に書いて見えるところに貼ると、視覚的にも目標を捉えることができるのでやる気が確実に上がります。

毎日家を出る時にその目標をみるようにしてから、僕の受験スイッチが入り始めました。

ぜひ皆さんにも試してみてほしいです!

まとめ

 

これだけは忘れないで

・志望校を決める

・入試科目や配点を調べる

・苦手科目を重点的に勉強する

・受験モードに切り替える

どうでしたか?
高校2年生の春休みって
長いようで意外と短いです。

でも、その短い期間で受験モードに入ることで今後1年間を有意義に過ごすことができます。

さらに、失敗する受験生にはある共通した特徴があるので、それも合わせて意識できるといいと思います。

 

公式LINE@

 

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル強化術を配信中!

 

LINE@では
・ブログには書いていない勉強法
・ストレスフリーに勉強する方法
・やる気を上げるコンテンツ

など受け取ることができます!

 

さらに、今登録してくれた人には以前まで500円で販売していた有料電子書籍を無料でプレゼントします。

 

100ページほどあり、これを読むだけで簡単に偏差値5は上がるコンテンツになっています。

 

友達登録はこちらのボタンをクリック

 

LINEに登録すると学べること

 

・無駄を省いた効率的な勉強法
・スランプを脱出できる方法
・集中力を自分でコントロールする方法
・受験で勝つために必要な心構え
・成績を上げる授業の受け方
・失敗を成功に導く最強のメンタル術

 

などなど、配信しているテーマは様々です。

登録は完全に無料で、登録する場合は下のボタンをクリックしてください。

友達登録はこちらのボタンをクリック!

クリックしてもダメな場合は、こちらから検索またはQRコードを読み込んでください。

ID:@mqp7867l

翔平
翔平
春休みから一歩リードだ!