副業

大学生ならUber Eatsで効率的に稼ごう!

悩む人
悩む人
Uber Eatsの仕事って稼げるって噂だけど、実際どうなんだろう?普通のバイトとの違いやメリットデメリットが知りたい!

この記事では、こんな疑問にお答えします。

Uber Eatsの配達パートナーはとにかく稼ぎたい大学生におすすめです。好きな時間に好きなだけ働くことができ、がっつり稼げて、翌週にはお金が振り込まれるという最高のシステムになっています。

大学生の中には『今すぐお金が必要』『翌々月振り込みなんかじゃ管理できない』という方も多いと思います。旅行前や長期休み前にバイトを増やしたら、なるべくすぐに現金化したいですよね。それが叶うのもUber Eatsの強いメリットです。

また、コロナ禍が始まってから爆発的に需要が伸びUber Eatsは、最早インフラとも行っていいほど人々の生活に馴染みました。コロナが落ち着いたとしても下火になることはまずないと言っていいでしょう。今から始めても全く遅くはありません。

ショウ
ショウ
では、そんなUber Eatsの配達パートナーについて、詳しく解説していきます。

Uber Eatsで働くってどういうこと?

Uber Eatsとは、そもそも何でしょうか。これは、オンラインから料理を注文できるフードデリバリーサービスのことです。フードデリバリーはいろんな飲食店が各々行っていますが、それらをまとめているアプリだと解釈してしまって構いません。Uber Eatsに加盟している飲食店ならどこでも注文でき、ファーストフードだけでなく一流レストランや高価な個人店、タピオカ店やアジアンフードなど何でも頼めることが魅力です。

Uber Eatsで働くということは、配達パートナーとして登録することを意味します。

Uber Eatsにて注文された料理を飲食店からお客さんの元へ届けることが仕事です。自宅だけでなくオフィスや屋外など運ぶ先は様々です。

配達エリアは東京・横浜・川崎・千葉・埼玉・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡が対応しています。報酬や時間帯に制限はなく、自分の働きたいだけ働きたい時に働ける仕組みになっています。

Uber Eatsの配達パートナーになるには

Uber Eatsの配達パートナーになるには、まずオンラインからアカウント登録をします。特別な資格や条件などは一切ありません。

しかし、1度はUber Eatsの登録会会場に足を運ぶ必要があります。1時間もかからずすぐに終わるそうですが、身分を証明して口座を登録し、簡単なオリエンテーションンを受けます。面接というわけではないので安心してください。最後に街でよく見かけるUber Eatsの配達バッグを受け取ります。あとは配達用のアプリをインストールしたらすぐにでも働き始めることができます。

自転車やバイクを持っていると便利ですが、必ずしも購入の必要があるわけではありません。格安のレンタルを使って働いている人もいるようです。最初はレンタルで始めてみて、長く続けていけるようであれば自転車を購入するという流れでも良いかと思います。

配達を開始する時には、まずアプリを起動します。そして鳴るのを待って、鳴ったらOKを選択します。そうするとアプリにお店へのルートが出てくるのでそのお店に向かい、料理を受け取ります。そうすると今度は届け先のルートが出てくるので、そこへ向かいます。そして届けたら終了。至ってシンプルですね。

Uber Eatsの配達パートナーが大学生におすすめな理由

大学生にUber Eatsがおすすめなのは、3つ理由があります。

・隙間時間を有効利用できること

・報酬を1週間後に受け取れること

・体力次第でガンガン稼げること

まず1つめ、隙間時間の有効利用です。Uber Eatsは社会人にも副業として人気がありますが、定時で本業がある場合はそれ以外の時間でしか働けないですよね。でも大学生は、授業の空きコマがあったり他のバイトのシフトまで時間があったりと、数時間の隙間時間が発生しがちです。そんな時にサッと配達に行って稼げるのがUber Eatsの魅力ですね。

特にアルバイトの掛け持ちをしたことがある人はわかると思うのですが、2つ以上のバイトのシフトを調整することって意外に凄く難しくてストレスがかかります。どちらのアルバイトも都合がありますから、入りたい時に入れなかったり急に出てと言われたり、管理するのが大変です。でもUber Eatsなら、他のアルバイトは固定シフトを入れて、空いた時間に合わせてその場で働き出すことができるのでとても便利です。

次に、報酬が一週間後に受け取れることですね。大抵のアルバイトは月に一度の振り込みだと思いますし、それも翌月の月末振り込みだったりしますよね。Uber Eatsは毎週振り込みがあります。

『結局貰える額は一緒なのにメリットなの?』と思う人もいるかもしれませんが、お金に困っていればいるほどこの方式は非常にメリットです。なんなら働いたその日にお金を受け取りたいからキツい日雇いバイトを選ぶという人もいるくらいですから。急にお金が必要になってしまった時に便利なのはもちろんですし、がっつり働いたらすぐに手元にお金が入るというだけでモチベーションが凄く上がるという人も多いです。

そして最後に、Uber Eatsは体力勝負だということ。稼ぐためには数をこなしていく必要があります。そして自転車に乗って遠くまで配達に行けるのは若いうちだけです!大学生が全員体力があるというわけではないと思いますが、少なくとも人生の中で筋力も持久力も高まっている年代なわけですから、有効利用しない手はありませんよね。

別段タイムを競って報酬が上がるというわけではないので、体力に自信がない人でも同様に稼ぐことは可能です。しかし、雨の日であったり暑すぎる日であったりと『人が外に出たくないと思う日』に注文が多いのは確かです。そういった日にガンガン自転車を飛ばせる元気があれば、より一層報酬を上げることができますよ。

また、これは番外編ですが、お客さんに連絡がつかない・もう出発してしまったのにキャンセルがきた、などのトラブルが起きた場合に料理を貰えることもたまにあります。賄いだと思って有り難く受け取っている人はいろんな料理が食べられて嬉しいという声も聞きますね。

Uber Eatsの配達パートナーはどのくらい稼げるの?

では、Uber Eatsの配達パートナーは実際どのくらい稼げるのでしょうか。もちろん目安ですが、時給は1,000~1,500円くらいが平均的なようです。雨の日など配達員が少ない日は手当が上がるので時給2,000円に上がることもあるようです。

あとは1日にどのくらい稼働できるかですが、頑張って1日2万円に届く人も結構いるようです。1日2万円はかなり大きいですよね。1時間に3件ほど注文をこなせれば到達が見えてきます。

ただ、やはりお昼時や夕飯時などに注文が集中するので、アイドルタイムは働きたくても注文が鳴らないということもあります。時給で隙間時間を全部換算してしまうと大きくズレがでることもあるので要注意です。

また、雨の日は稼ぎ時でもありますが配達事故が多くなる時でもあります。配達パートナー向けの保険は配達事故の全てをカバーするわけではないので気を付けましょう。具体的には、注文を受けてから配達を完了するまでの期間の自己であれば保険適用になりますが、配達完了から次の場所へ移動している間や待ち時間での事故は適用外になります。十分に注意し、自分でも自転車保険に加入しておくことをおすすめします。

いかがでしたか?Uber Eatsの配達パートナーについてと、大学生におすすめな理由をお話ししました。稼ぎたい大学生はUber Eatsに登録してみましょう!