副業

スマホ1つで大学生が稼ぐ方法【ブログ/アフィリエイト/webライティング】

 

悩む人
悩む人
大学に通いながらアルバイトに行くって結構大変。家や出先で手軽に始められる副業ってないの?パソコンは使わずにスマホ1つでできたら便利なんだけどな。

この記事では、こんな悩みにお答えします。

多くの大学生は学費のためや生活のためにアルバイトをしていると思います。でも正直、時給制のアルバイトでは稼げる金額に限界がありますよね。そして大学に通いながらだと時間の制限があり、たくさんの時間をアルバイトに費やすことは難しいのではないでしょうか。また、飲食店や小売店などの一般的なアルバイトは肉体労働であり体力的にも長く働くことは厳しいですよね。

そんな大学生に向けて、この記事ではスマホ1つで稼ぐ方法をお伝えします。詐欺やマルチといった怪しいことではなく、インターネットを上手に使ってSNSやブログで稼いでいく方法をお伝えしたいと思います。

ショウ
ショウ
授業の空き時間やアルバイトまでの移動時間、寝る前についスマホをいじってしまう時間なんかを有効活用して、スマホ1つで稼ぎましょう!

誰でも取り組めるネットで稼ぐ方法

まずはじめに僕の受験生時代の話から。

今回紹介する稼ぐ方法は、主にスマホを使って『書く』ことによって稼ぎます。『投稿する』『発信する』と言ってもいいかもしれません。

自分で何かを書いて稼ごうと思ったときに、だれでも取り組める方法を3つに分けて説明します。

①ブロガーになる

②アフィリエイターになる

③ライターになる

この3つ、実はやっていることはかなり似ていて「何を軸にするか」で名称が分かれているだけです。ブロガーに見えるアフィリエイターもいるし、アフィリエイターに見えるライターもいます。共通していることは文字を書いて発信することによって収益を発生させています。これらは隙間時間で手軽に始めることができ、うまくいけばすぐに月1万~5万円と稼ぐことができます。

月に5万円まで稼ぐことができれば、その方法が自分の性格や生活と合っていると考えてよいでしょう。その方向でブラッシュアップをしていけば月10万~30万円と稼げる額を増やしていくことが可能です。

一般的なアルバイトで行う時給制の肉体労働と違い、書いて稼ぐ方法は頭脳労働であり成果報酬型と言えます。成功すれば大きく稼ぐことができ、スキルやノウハウが自分の中に蓄積されていくのが特徴です。

では、3つの手法についてそれぞれ見ていきましょう。

ブロガーになって稼ぐ

これが一番取り組みやすい方法です。ブログを書いて、バナー広告貼って、それをユーザーがクリックしてくれた分だけお金が発生するという仕組みです。なんとなくわかりますよね。

ブログのPVがあればあるほど儲かるというイメージでいてください。クリックだけでお金がもらえるなんて!ブログは何を書いてもいいし、人が集まれば集まるだけいいです。

これで貼る広告を「アドセンス広告」と言います。

Gメール取って、Googleアドセンスに登録するだけ。あとは無料でもなんでもブログを作ります。あとは検索で誰かが見つけて、クリックしてくれるのを待ちます。最初は難しいことは考えずにとりあえず何ブログでもいいから書いてみてバナーをぽんっと貼ってみてください。

そっから、PV数をどう上げていくのか?ということを考えはじめます。グーグルなんかの検索結果で上位表示を狙うのが何百倍もPV数が上がります。

手っ取り早いのはエンタメニュースブログというか、時事ネタを拾って感想を書くブログですね。内容は薄くても相当な人が見てくれます。逆に映画のレビューブログとか、漫画の感想ブログとかは急に検索数が上がることもないですが長期的にずっと検索されていく傾向にあります。

ブログの方向性によって検索結果にあがりやすくする方法は違うのでまた別の記事でご説明しますね。

とにかくPVを稼いでクリックを取るのがアドセンス広告なわけですが、だれでも取り組める分デメリットが。これは、月1万稼ぐのですら相当難しいということです。

感覚値としては、20PVにつき報酬1円くらい。20万PVあれば1万円いけるかなって感じです。1クリックが20円~150円くらいが相場ですね。あとはブログのどこに貼るかとか、ブログ記事との相性とかによります。とにかく単価が安い!それがアドセンスブログです。

対して単価が高いのが、次にご説明するアフィリエイトブログです。

アフィリエイターになって稼ぐ

アフィリエイトの仕組みは、ブログを書いて、バナー広告を貼って、それをユーザーがクリックして、リンク先で何かの商品を買ったりしてくれたらお金が発生する。

アドセンス広告と違うのは、広告がクリックされるだけではお金は発生しないという点です。でもその代わり、売れたときの報酬が大きい!

売れた、といっても例えば無料資料請求だったり、問い合わせだったりをさせるだけでも報酬が発生するものもあります。

アドセンスよりも最初の難易度は高いけど、コツをつかめたら一気に報酬額が伸びるという話。トップアフィリエイターの方々は月に100万円を通過点として、その後も工夫次第で200万円、300万円と伸ばしていっています。

じゃあどんなブログがいいの?というと、売りたい商品を紹介するブログです。それをもう「ブログじゃなくてサイトにしちゃえ!」となると、サイトアフィリエイトと呼ばれるものになります。

転職サイトを紹介したり、レシピ公開サイト作って産地直即の野菜通販を紹介したり、カードローンの借り方について説明したブログを作って紹介したりなどなど。

ちなみに転職サイト・カードローンサイトは報酬額がバカ高いので月1000万プレイヤーがゴロゴロいます。でもその分競争が激しく、初心者が戦っていける市場ではないですけどね。まずは競合の少なそうなところを狙っていくのが良いでしょう。

どんな種類の商品があるのか?っていうのは、ASPに登録すると見れます。

そう、アフィリエイトを始めるにあたり必ず必要になるのがASPです。ASPに登録することで、「うちのこのバナー使ってくださいよ」っていう一覧が見れます。

ジャンル別で一覧があって、各それぞれ報酬がいくらか書いてあります。莫大な数の広告がありますが、ジャンル一覧を見ているだけでもどんなブログを書こうかわくわくしてきますよ!登録は無料なので覗いてみてください。最大手がA8ネットというサイトです。

【大学生・副業ブロガー】本気で稼ぎたいブログ初心者が登録すべきASP7社【サクッと5万】 こんな疑問にお答えします。 本記事では、ブログ運営で月5万円を手堅く稼いでいる僕が、大学生や副業ブロガー向けにオス...



ライターになって稼ぐ

ライターとしてお金を稼ぐのは2パターン方法があると思っていて、一つはランサーズとかでライター登録をして1記事100円~3000円くらいで書くもの。テーマとかも決まっていて1文字いくら、という風に頼まれるやつですね。

体験談とか口コミを求めていることも多いので、200文字くらいの感想文を書いていくら、みたいな方法もあります。

ランサーズは使い方がわかりにくくハードルが高く見えますが、お金が実際に発生して「やってる感」があるのは良いと思います。先述したアフィリエイトブログだと収益が発生するまでに諦めて止めてしまう人が多いですから。

中には高額報酬のライティングの仕事もあって、1記事2万以上貰える場合もあります。でもごく稀で大抵は2000文字3000円がいいとこかなと思いますね。

そしてもう1パターンは、メディアに直接ライター登録をして書くという方法。1記事5000円~2万といったところでしょうか。相場は2000文字1万円かなと思います。

取材が必要だったり専門知識がないといけなかったりするので労力はいります。面接が必要なところも多いですね。自分に合ったメディアで専門知識もある分野だったらありがたい仕事だと思います。

SNSや動画配信で稼ぐのは難しい世界

最後に、インフルエンサーとして稼ぐのはどうなの?というお話しをします。

「スマホ1つで稼ぐ」と聞くと、TwitterやインスタグラムといったSNSで稼ぐという手法がまず浮かぶ方も多いかと思います。もしくはYoutubeやポコチャなどの動画配信などですね。

これらで稼ぐためにはインフルエンサーと呼ばれるような、ファンを多く獲得する必要があります。

結論から言うと、SNSを軸にマネタイズをするっていうのはかなり難しいです。もちろんファンが増えると企業案件が来たりとマネタイズの機会は増えますが、安定的に月○万円稼ぐというのはあまり考えない方が良いでしょう。

1つの指標としてですが、1万人ファンがついている状態になれば月1万円の収益化ができるかできないかというところだと思います。

例えばTwitterでは1万人以上フォロワーがいれば企業案件の話が来ますが、一つ一つは小遣いレベルであったり無料サンプルなどの現金化できないものであったりすることがほとんどです。これらを寄せ集めれば月1万円稼ぐことはできると思いますが、案件ばかりになるとファンが減るのであまり良い方法ではありません。少なくともフォロワーの伸びは悪くなります。5万,6万とアカウントが育っていけば定期的に稼げる仕事は入ってくるでしょう。

しかし、稼ぐという面においてSNSや動画配信が全く無駄かと言うとそうではありません。ここまで紹介した①②③を軸に、SNSでフォロワーに拡散してもらったり、ファンを付けるとかは効果的です。