副業

【コロナ禍で需要爆増】オンラインレッスンで稼ごう!講師のすすめ

悩む人
悩む人
大学に行きながらアルバイトをするのって意外と大変。時間も体力も余裕がなくてたくさん稼ぐほど働けない・・・。楽して稼げるアルバイトってないかな?

この記事では、こんな悩みにお答えします。

コロナ禍になって1年以上経ち、世の中のアルバイト事情は大きく変わりました。大学生のアルバイトで大きな割合を占めていた飲食店や小売店での接客業は、売り上げが落ちたためになかなかシフトに入れない現状があります。大学生自身もコロナの不安で働くのをためらってしまう時期もありました。

そんな中、あらゆる業界でオンライン化が進みましたよね。オンライン化の波は大学生のアルバイトにも影響しています。塾講師などのアルバイトはもうオンラインが主流になってきています。企業の事務仕事をするアルバイトも在宅でよくなっているところが多いようですね。

ショウ
ショウ
このように、今はオンラインで稼げる時代になりました。通う時間もいらず、自宅でリラックスしながら取り組めるオンラインレッスンのアルバイトを始めてみませんか?

大学生でもオンラインレッスンの講師になれる?

大学生がオンラインレッスンの講師になるというのは、ハードルが高いのではと思う方もいるかもしれません。しかし、オンラインレッスンの良いところはどんなジャンルのどんな内容でも需要があることです。

学生と言えど、これまでの人生でやってきた勉強・趣味・娯楽の何かでは人に教えることができる分野があるのではないでしょうか。

例えば、受験勉強です。大学1年生はついこの前まで受験生だったわけですから、高校2,3年生からしたら最も身近な先輩に当たりますよね。持っている知識も最新ですし、実体験も新鮮なままです。受験で培った知識をオンラインレッスンで存分に発揮しましょう!

『数学偏差値40から70まで上げた方法』『英単語10,000個マスターするレッスン』など、本屋の受験対策コーナーに並んでいるようなテーマで実施すると引きが強いですね。もちろん実態が伴ってなければいけませんので、自分が努力し成果が実った範囲にしましょう。

また、サークル活動や部活をしている人がそのジャンルのレッスンをオンラインで開くことも良いと思います。ダンスレッスンなどは非常に需要が高いですね。オンラインレッスンというとZOOMを使った会議形式のものを想像するかもしれませんが、ダンスレッスンはインスタグラムのライブ機能を使っている人が多いです。既にインスタグラムを使ったことがある方はハードルが低いのではないでしょうか。ギターやボーカルレッスンなどの音楽系もインスタライブを使う人が多いですね。

このように、オンラインレッスンはあらゆるジャンルで講座を開くことができるのが良いところです。自分の得意なものを考えてみて、人に教えられそうだなと思ったら今すぐ始めてみましょう!

オンラインレッスンの始め方

では、オンラインレッスンの講師はどうやったらなれるのでしょうか。以下2つの方法があります。

・オンラインレッスンのアルバイトを探す

・自分でオンラインレッスンを開設する

1つ目は、例えばオンライン英会話ですとか塾講師、ピアノやギターのレッスン講師などのアルバイト募集に応募して雇ってもらうパターンです。一般的なアルバイトと同じですね。大学生の場合は塾講師が最も需要が高いのではないでしょうか。しかし、オンライン限定でアルバイト募集しているところはまだまだ少ない印象です。

そこで2つ目、自分でオンラインレッスンを開設する方法をおすすめしたいです。先述したようにどんなジャンルでも誰かに需要はありますから、大学生のうちに取得したい資格や第二外国語のレッスン、これまでやってきた趣味、サークルや部活の知識を活かしたものなど、なんでもありです。

自分で開設するといっても、そのままでは集客できませんよね。既にSNSなどでファンがたくさんいる方は別ですが、お金を稼ぐレベルとなるとなかなか難しいのではないでしょうか。

その場合、オンラインレッスンのプラットフォームを利用します。オンラインレッスンを自分で開設できるようにサポートしてくれるサービスやサイトがたくさんありますので、その中から選びましょう。どんなジャンルのレッスンでも登録できるプラットフォームもあれば、オンライン英会話やオンラインプログラマー育成講座などジャンルに特化したプラットフォームもあります。

プラットフォームに登録すると、そこからホームページ作成・集客・予約や集金管理と進むことができます。そこまでいけば、オンラインレッスンの内容を詰めてZOOMやインスタライブなどで実際にレッスンを行うだけですよ。

オンラインレッスンの講師って稼げるの?

やり方がわかったところで、実際どのくらい稼げるのか気になりますよね。正直これはピンキリです。先ほど挙げた2つの方法のうち、オンラインレッスンのアルバイトを探して雇ってもらった場合には時給制やコマ数に応じた支払い形式になるかと思います。

オンラインレッスンのアルバイトの時給は安いところはかなり安いです。1時間のレッスンで手取り1,000円のようなものも多いです。これでは大学終わりに毎日数コマ働いたとしても月5,6万しか稼げません。

しっかりとした企業の塾講師だったり、高学歴大学生対象の家庭教師などは話が別です。時給は3,000円以上だったり月15万円以上が約束されていたりと高収入になっていきます。これらはアルバイトを選ぶ時にしっかり確認しましょう。

自分でオンラインレッスンを始める方法をとった場合には、自分で設定した金額次第で大きく稼ぐことができます。

例えばダンスのレッスンを自分で開いたとして1コマ2,000円で集客したとしますよね。1対1ではなく複数人のレッスンであればその分お金が入ってきます。8人受講してくれるレッスンを週に3回開いたとして、月20万近く稼ぐことができます。

もっともっと稼ぐことができるかどうかは、集客次第です。リピーターがつけば新規+既存顧客で倍々に増やしていくことができるので、かなり夢のある仕事だと思います。

オンラインレッスンの講師に必要な準備

オンラインレッスンの講師になるには、ある程度の準備は必要です。その中でもマストなのは以下です。

・インターネット環境

・デバイス(PC・スマホ・タブレット等)

・Webカメラとマイク(デバイス内臓であればなし)

実はこれまで、この条件を揃えるのが億劫でオンラインレッスンに乗り出さなかった企業も多いんですよね。しかしコロナ禍でテレワークが進んだ今、大学生と言えどインターネット環境もデバイスも揃っている人が多いのではないでしょうか。

大学の授業がオンライン化されていっていますし、ゼミなどでZOOMも使います。Webカメラとマイクが内臓されているPCを既に持っている人がほとんどではないでしょうか。

そのため、オンラインレッスンの講師を始めるにあたって準備にさしてハードルは感じないはずです。しいて言うならインターネット環境の部分で、本格的にオンラインレッスンをしていくのであればWiFi環境を整備することをおすすめします。スマホだけで済ませられるという方も多いのですが、何時間も動画配信を続けるとなるとギガ数に不安が出たり通信が不安定になってしまったりするからです。できれば自宅に回線を引いて、安定して早い通信を確保できると良いですね。