最強のメンタル術

【知らなきゃ損】受験に間に合わない人が取るべき3つの行動【まだ間に合う】

受験生
受験生
過去問を中心に解いて追い込みをかける時期なのに、教科書の内容すら理解していない
受験生
受験生
現役生は秋から伸びるって言われてるけど全く伸びない。このままだと間に合わないんじゃないか・・・
受験生
受験生
これ以上受験勉強したくないし、どうしても行きたかった志望校を変えようかな・・・

センター試験が近づくにつれ、特に現役生は時間が足りなくて、このままだと間に合わないのではないかと不安に感じる人も多いはず。

日に日に焦りが強くなり、毎日が行き苦しかったのを今でも覚えています。ただし、そうやって不安な気持ちでただ焦っても状況は変わりません。

なので、受験勉強で間に合わないと感じる人向けに、取るべき選択肢と効率よく偏差値を上げる方法を解説していきます。

翔平
翔平
焦る気持ちはわかるけど、まずこの記事だけは最後まで読んでほしい。
こんな人にオススメ

・成績が伸びなくて焦り始めた人

・焦る時にどんな行動をとればいいのか知りたい人

・効率よく偏差値を上げる方法を知りたい人

 

間に合わないと焦るパターン

まず、入試まで間に合わないと焦るのはどんなときでしょうか?おそらくこの3つのパターンのどれかには当てはまっていると思います。

①模試の判定が上がらない

②入試範囲の勉強が終わらない

③今後のスケジュールが読めない

それではひとつずつ見ていきます。

 

模試の判定が上がらない

まず何よりも焦るのがこれ。受験生になってからたくさん模試を受けたのに、第一志望の判定がずっと上がらない場合です。

勉強した分だけ目に見える結果が出れば、モチベーションも上がっていいリズムで受験勉強に取り組むことができます。

しかし、どれだけ勉強をしても成績が変わらない場合、今までやってきた勉強法が間違っていたのではないか、このまま勉強を続けても意味がないのではないか、と不安に感じてしまいます。

もちろん、すぐに判定が上がるわけではないですが、数ヶ月という長い期間でみて判定が上がらない場合、何か勉強法が間違っている可能性があります。

効率よく偏差値を上げる3つの方法をあとで解説するので、参考にしてみてください。

 

入試範囲の勉強が終わらない

焦る理由の2つ目は、入試範囲の勉強が終わらないことです。というのも、早いうちにその分野の勉強を終わらせないと全体像がつかめずに、今後の予定を立てることが難しいからです。

どの分野に時間がかかって、どの分野はスルーしていいのか知っておかないと、計画的に勉強をするのは不可能です。特に公立高校は進度が遅く、高3の12月に理科の履修が終わるなんてよくある話なので要注意。

授業を聞かずに全て内職をして自習しろとは言いませんが、少なくとも現役生は前のめりで入試範囲を一通り終わらせる必要があります。

入試範囲を早めに終わらせて、焦りからくる不安に押しつぶされないようにしましょう。

 

今後のスケジュールが読めない

そして3つ目が、今後のスケジュールが読めないことです。というのも、予定が組めないとこれから何を勉強すればいいのかわからずに、漠然とした不安を感じるからです。

受験生
受験生
今日は〇〇をやって、明日は△△で明後日は・・・

というふうに予定が決まれば、あとはそれに取り組めばいいだけですが、そもそも予定がない人は行動にうつしません。

なので、できるだけ早く入試範囲の勉強を終わらせて、どこに苦手があってどう時間を使うのかを意識してスケジュールを組んでいきましょう。

 

間に合わない人が取れる選択肢

そもそも間に合わないと焦ったところで現状は何も変わりません。漠然とした悩みだから余計に不安になるので、ここは一旦、取れる選択肢を整理しましょう。

現実から目を背け続けると痛い目にあうので、グダグダ言わずに、きちんとここで向き合ってください。どんなことがあろうと行き着く先は

①第一志望を受けて合格or不合格

②志望校を変えて合格or不合格

これ以外考えられません。今のまま第一志望を受けるのか。それとも、難易度を下げて志望校を変える、もしくは科目数の少ない私立に変えるのか。

残された時間を踏まえた上で、自分はどの選択肢を取るのか一度考えてみましょう。

受験生
受験生
やっぱり第一志望に行きたい。でも、今の成績だと難しそうだし、結局どうしたらいいんだろう・・・

そんな人向けに、効率よく偏差値を上げる3つの方法を次に解説していきます。

 

効率よく偏差値を上げる3つの方法

時間もあまりないと思うので、効率が大事になってきます。時間がなくて焦っている人ほど確実にこの方法に取り組んでください。その3つの方法とは、

①まずは分析

②残された時間を計算・配分

③スケジュール通りに勉強する

それではひとつずつ見ていきます。

 

まずは分析

絶対に大事なのがこの“分析”というステップです。というのも、現状を把握しないと目的までの差を認識できずに、それを埋めることができないからです。

第一志望合格までにあと科目ごとに何点必要なのかがわからないまま勉強するのは、あまりに危険すぎます。

もちろん、分析のしすぎで時間を取られて勉強できないのは本末転倒ですが、一番はじめの現状分析は確実に行うようにして下さい。

 

残された時間を計算・配分

そうやって現状を分析したら、次に残された時間を計算して科目ごとにどれくらいの時間を使えるかスケジュールを立てましょう。

というのも、残り時間を考えないと、入試までにカバーできない分野が出てきてしまうからです。

英語ばかり勉強していて、入試直前に数学をやらないといけないと気がついても時すでに遅し。数学が足を引っ張って受験で失敗した、なんて話よく聞きます。

なので、今自分にはどれだけの時間が残されているのか、どの科目に時間を割くべきなのかを一度考えましょう。時間の計算はそこまで厳密でなくても構いません。

例えば、平日は3時間・休日は8時間勉強できる場合、だいたい1ヶ月で120時間は勉強時間を確保できますね。

仮に、残り3ヶ月の場合、自由に勉強できるのは多く見積もっても400時間ほどです。入試科目が7科目の場合、1科目にかけれる時間は平均60時間ほどです。

ではその時間でどの分野をどれくらい勉強するのか?

こうやって考えると今後何をすればいいのか明確になり、焦りを抑えることができます。

もちろん、通う高校や目指す大学によって条件は変わるので、自分の場合どうなるかを一度考えてみてください。

 

スケジュール通りに勉強する

そうやってスケジュールを決めたら、それを淡々とこなしましょう。というのも、合否を分けるのが“継続力”だからです。

多くの受験生は上記で紹介したスケジュールすら作れないので、モチベーションに左右されて勉強をしない時間が生まれます。

逆転合格をするには、その時間すらなくして、自分よりも上にいるライバルよりも勉強をして勝つ必要があります。

だからこそ、まずはスケジュールを立てて、あとはそれをやる気にかかわらずコツコツ取り組んでください。

本当に合否を分けるのはその“継続力”です。継続力を鍛えたい人は、この記事を参考にしてみてください。

 

 

そもそも完璧な受験生はこの世にいない

これから入試に挑む受験生に知っておいてほしいのは、完璧な受験生はこの世にいないということです。

入試当日、会場に行ってライバルを見ると、みんな自分より賢そうに見えます。でも、どの受験生も知識に穴があって、どの受験生もケアレスミスをして、どの受験生も緊張をします。年齢もあまり変わらないし、受験勉強をしてきた年数もさほど変わりません。

だから、周りが凄そうに見えても、みんな不完全なわけです。不完全な中で勝負しているわけです。なので、必要以上にビクビクせずに、自信を持って挑んでください。

受験の合否の半分は、当日のメンタルが左右するので、そうやって自信を持つだけで人生変わりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?そもそも受験に間に合わないと感じるパターンとしては、

①模試の判定が上がらない

②入試範囲の勉強が終わらない

③今後のスケジュールが読めない

が考えられます。そして、効率的に偏差値を上げる方法としては、

①まずは分析

②残された時間を計算・配分

③スケジュール通りに勉強する

これらに取り組んで、本番に自信を持って挑めばきっといい結果が付いてきます。

受験生
受験生
実際に作ってみたけど、こんなスケジュールで大丈夫かな?

と不安な人は、下の方からLINE@を追加して直接送ってください。一人一人にアドバイスしていきます。それでは。

公式LINE@

 

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル強化術を配信中!

 

LINE@では
・ブログには書いていない勉強法
・ストレスフリーに勉強する方法
・やる気を上げるコンテンツ

など受け取ることができます!

 

さらに、今登録してくれた人には以前まで500円で販売していた有料電子書籍を無料でプレゼントします。

 

100ページほどあり、これを読むだけで簡単に偏差値5は上がるコンテンツになっています。

 

友達登録はこちらのボタンをクリック

 

LINEに登録すると学べること

 

・無駄を省いた効率的な勉強法
・スランプを脱出できる方法
・集中力を自分でコントロールする方法
・受験で勝つために必要な心構え
・成績を上げる授業の受け方
・失敗を成功に導く最強のメンタル術

 

などなど、配信しているテーマは様々です。

登録は完全に無料で、登録する場合は下のボタンをクリックしてください。

友達登録はこちらのボタンをクリック!

クリックしてもダメな場合は、こちらから検索またはQRコードを読み込んでください。

ID:@mqp7867l

お仕事依頼は下記のお問い合わせフォームから!