お役立ち情報

【食事で結果は変わる】受験生が入試前日に摂るべき理想の食事はこれ【かなり重要】

 

受験生
受験生
明日入試なんですけど、夜はどんな食事を摂るべきですか?入試当日に食べると集中力がアップする食べ物なんかもあったら教えて欲しいです!

この記事はそんな疑問にお答えします。

受験前日や当日に今まで勉強してきたことを復習することは大切ですが、それ以上に大事なのは体調管理です。合格できる学力を持っていても、本番でそれを発揮できないと意味がありません。

そんな体調管理で大事なのが食事です。たかだか食事と思うかもしれませんが、これで入試当日のパフォーマンスが大きく変わるので、絶対に気を遣いましょう。

そこで今回は、本番でいつも通りの調子が出せる理想の食事を紹介していきます!

 

入試前日に摂るべき夕食メニュー

まず初めに、入試前日に取るべき食事を解説します。

入試前日の理想の食事は、胃腸をケアするような消化のいいメニューです。というのも、試験前は心身ともにストレスがかかって胃の機能が弱まっているからです。

試験に勝つというゲン担ぎで入試前にとんかつを食べる人がいますが、脂を多く含んでいるので消化が悪くて胃もたれの原因となってしまいます。

そうなると試験中にお腹に違和感を感じて試験自体に集中できません。なので、胃に優しい消化のいいメニューを摂るようにしましょう。

 

試験前日の勝負飯3選

消化がよく縁起のいい入試前に食べると合格を引きよせる勝負飯を3つ紹介します!

 

①シチュー

シチューには野菜が多く含まれ、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取でき、消化もいいです。身体も芯からあたたまりますし、ホッと一息つけますね。

さらに、シチュー→手中という言葉と似ていることから、合格を手中におさめると縁起がいいので多くの受験生が食べるメニューとなっています。

 

②豚肉月見うどん

脳の活性化に効果が期待できるビタミンB1を多く含む豚肉。記憶力を高めてくれるパンテトンさんを含む卵。消化のいいうどん。

これらの3拍子揃ったメニューになります。緊張でごはんが喉を通らない受験生でもスルスルと箸が進むのでオススメです。

 

③鍋

入試は冬場の寒い時期にあるので、身体が温まる食事がおすすめです。せっかく勉強してきたのに寒さで体調を崩してしまっては本末転倒です。

特に身体をあたためる生姜やごぼう、ビタミンB1を多く含む豚肉などを使った鍋がおすすめです。

 

理想の夕食のタイミング:睡眠の3時間前

晩御飯を食べる理想のタイミングとしては、睡眠の3時間前を心がけましょう。というのも、寝ている時に食べ物を消化していると睡眠の質が下がってしまうからです。

睡眠の質が下がってしまうと翌日のパフォーマンスが低下します。胃の中で消化が終わるまで3時間かかると言われているので、寝る3時間前には食べ終わっている状態にしておきましょう。

次に、入試当日に食べるべきメニューを見ていきます。

 

入試当日に摂るべき朝食メニュー

入試当日の朝食はとにかくバランス重視のメニューを撮りましょう。どれかの栄養に偏った食事だと消化に使うエネルギーが増えて、脳で使えるエネルギーが少なくなってしまうからです。

他にも注意すべき点としてはこの3つ。

①お腹いっぱい食べない

②消化のいいものを摂る

③冷たいものを食べない

変に当日だけ豪華過ぎても逆に緊張してしまう可能性があるので、いつものメニューを土台にしつつ、上の3つのことを意識してみてください。

 

試験当日の勝負飯

これらを踏まえた勝負飯を2つ紹介します。

 

①焼き魚定食

典型的な和食ベースの食事になります。ブドウ糖摂取のための白米だったり、ビタミンB1摂取のための焼き魚・卵焼きがオススメです。

身体を温めるためにお味噌汁を摂るのもいいと思います!

 

②オムレツとトースト

普段からパンを食べる洋食派の人にオススメしたいメニューです。

消化のいいほうれん草やじゃがいもと、脳の機能を高める卵を使ったオムレツなんかもオススメです!

 

理想の朝食のタイミング:入試の3時間前

これも先ほどの理由と同じで、試消化にエネルギーを使うと脳で利用できるエネルギーが少なくなってしまうからです。

なので、試験3時間前にはご飯を食べておきましょう。つまり、それよりも早く起きる必要があり、その時間に起きるために前日何時に寝るべきかを考えましょう。

 

入試当日に摂るべき昼食

最後に、入試当日に撮るべき昼食を紹介します。

入試当日の昼食のキーワードは、消化のいいものを腹8分で、です。

繰り返しになりますが、食べ物が消化されるまでにある程度時間がかかります。試験を受けるときまでに消化が完全に終わるように逆算をしてみましょう。

食べ物によって異なるので、下の表を参考にしてみてください。

〜消化までの時間(目安)〜

おにぎり 3時間

バナナ ウィダー 1時間

チョコレート アメ 30分

人間は午後2時に集中色が一番低下すると言われているので、そこも気をつけて食事を摂ってほしいと思います。

中でもオススメしたいのが固形ブドウ糖やチョコレート。消化までの時間が短く、脳に速く届きます。

チョコレートに関しては、この記事を読めば食べるタイミングや受験にピッタリなチョコがわかるので、参考にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

消化のいいメニューをベースに考えて、消化にかかる3時間を踏まえたタイミングで食事を撮りましょう。

机の上で勉強するだけが受験ではありません。摂る食事を意識して、当日に最高のパフォーマンスを発揮してほしいと思います。

それでは、今までの努力を解答用紙にぶつけてきてください!

入試前に寝れなくて不安な人はこの記事がおすすめ。

入試当日に意識すべきことはこちら。

 

公式LINE@

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル強化術を配信中!

 

 

LINE@では
・ブログには書いていない勉強法
・ストレスフリーに勉強する方法
・やる気を上げるコンテンツ

など受け取ることができます!

 

さらに、今登録してくれた人には以前まで500円で販売していた有料電子書籍を無料でプレゼントします。

 

100ページほどあり、これを読むだけで簡単に偏差値5は上がるコンテンツになっています。

 

友達登録はこちらのボタンをクリック

 

LINEに登録すると学べること

 

・無駄を省いた効率的な勉強法
・スランプを脱出できる方法
・集中力を自分でコントロールする方法
・受験で勝つために必要な心構え
・成績を上げる授業の受け方
・失敗を成功に導く最強のメンタル術

 

などなど、配信しているテーマは様々です。

登録は完全に無料で、登録する場合は下のボタンをクリックしてください。

友達登録はこちらのボタンをクリック!

クリックしてもダメな場合は、こちらから検索またはQRコードを読み込んでください。

ID:@mqp7867l

翔平
翔平
LINE@の登録よろしくね!

質問やお仕事依頼はこちらまで!