お役立ち情報

【最新版】予備校の費用を安く抑える5つの方法|10万円コストカット

 

第一志望の大学に通うために塾や予備校を利用したいと考えている人が多いと思います。

実際、予備校に通って偏差値をぐんぐん伸ばす人が多いのも事実ですし、授業の質も学校とは比べ物になりません。

その分、気になるのが予備校の費用。

一体いくらかかるのか、どうすれば安く抑えることができるのか。

今回の記事を読めば少なくとも5〜10万円は安く予備校を利用することができるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

最大で100万円近く節約することも可能ですよ。

こんな人にオススメ

・一円でも安く予備校に通いたい人

・やりくり上手な人がやっている秘策を知りたい人

・安くて質の高い予備校を知りたい人

そもそも予備校っていくらかかる?

以前この記事でもざっくりと紹介しましたが、大手予備校に通うのに必要な費用を紹介します。

もちろん個人のプランによって変わってくるのであくまで参考程度に捉えていただければと思います。

現役生は年間20〜80万円

現役生は講座の取り方が多種多様です。

自分の苦手な科目に絞って取るなら比較的安く済みますが、5教科分とって週に3日予備校に通い、夏季講習や冬季講習も受ける場合だと80万円近くかかる場合もあります。

費用を決める要素としては、

・どの予備校にするのか(東進は比較的高め)
・何教科受けるのか
・夏季・冬季講習を受けるのか
・交通費などの雑費

などがあげられます。

浪人生は年間およそ100万円

多少の差こそあれ、大手予備校は大体年間100万円ほどかかります。

通常授業が約80万円ほどであり、夏季・冬季講習を受けるのでトータルで100万円くらいかかります。

寮に入ると年間200万円

浪人時期に、全ての関わりを絶つために地元を出て寮付きの予備校に入学するパターンもよくあります。

寮で生活するのに年間およそ100万円近くかかるので、トータルだと200万ほどになり、かなり高額になります。

予備校の費用を安くする5つの方法

浪人する場合、基本的に100万くらいはかかってしまいます。

でも、それって簡単に出せる額ではないし家計に大ダメージですよね・・・

なので、ここからは予備校の費用を極限まで抑える5つの方法を紹介します!

その5つは以下の通りです。

・申し込みの段階で割引を狙う

・奨学金や特待生を狙う

・通学定期を考慮する

・受講する教科を絞る

・スタディサプリを賢く使う

翔平
翔平
それじゃあひとつずつ解説していくよ!

申し込みの段階で割引を狙う

まず、申し込みの段階で3つ予備校費用を安く抑えるテクニックが存在します。

①入学説明会に行く

入学説明会に行くだけで入学金が減額される予備校も存在します。

あくまで一例ですが、河合塾では入学説明会に参加するだけで入塾金10万円のうち、半分の5万円が免除になります。

他にも、現役時代に通っていた予備校だと入学金が基本全額免除なので10万円もお得になります。

入学金関連は減額されやすいので要チェックです。

②兄弟姉妹が通っていた予備校に通う

この場合も入会金が減額になることもあります。

代ゼミではファミリーシップ制度といって、兄弟姉妹が代ゼミに在籍していた、またはすでにしている場合におよそ1万円の免除があります。

③早期入塾制度を利用する

予備校に通うと決めたのなら早いうちに申し込みをすると費用が安くなる場合があります。

例えば、新規生徒の募集が始まってから早い段階で申し込みをすると、無料で授業を5コマ取ることができたり、講習の後に納入金の一部を免除してくれる予備校もあります。

もちろん、全ての予備校で行なっているわけではないので、その都度質問するようにしましょう。

奨学金や特待生を狙う

奨学金制度とは予備校側が生徒の入学金や学費を代わりに払い、徐々に返済していく教育ローンに近い形の制度です。

河合塾は奨学基金制度が整っているので気になる人は一度ホームページを確認してみるといいと思います。

河合塾ホームページを確認してみる

また、特待生制度は、出身高校や入校時のテストの成績によって学費が免除(全額または半額など)になる制度です。

奨学金制度と違って返済する義務はないのですが、特待生認定をもらうのはかなり難しいです。

センター9割を超えて東大に合格した友人でさえ、河合塾で半額免除だったそうです。

その点、僕が通っていた代ゼミは特待生を比較的狙いやすく、僕以外にも学費が全額免除の人を何人か見かけました。

学費の免除は家計の負担がかなり軽くなるので、ぜひ狙ってみてください。

通学定期を考慮する

予備校費用を安く抑えたい時に見落としがちなのが、学校法人かどうかという点

言い換えれば、通学定期を利用できるかどうかという点です。

予備校まで地下鉄やJRなどを利用する人が多いと思うのですが、ここも大きな節約ポイント。

というのも、予備校に通う浪人生に発見される定期券は、通学定期と通勤定期のどちらかになり、名前は似ていますが割引額が大きく異なるからです。

仮に通勤定期が1ヶ月1万円の区間の場合、通学定期だと1ヶ月4000円ほどで利用することができます。

単純計算で、一年間で7万2千円もの差が出てしまいます。

さらに、JRとバスを乗りついで遠方から通う場合、一年間でおよそ15万円ほどの差がつく場合もあります。

通学定期を発行して交通費を安くしたい場合は学校法人の予備校を選ぶのが賢い選択です。

学校法人:駿台・河合塾・代ゼミ

株式会社:四谷学院・東進

受講する教科を絞る

〇〇コースという形で受講するのではなく、科目を絞って予備校に通う方法です。

自分の苦手な科目に絞って予備校で受講するスタイルにすると、本来100万円する費用が20万円程度に抑えることができます。

この方法のデメリットとしては2つあり、

・1講座あたりの単価が高くなること

・科目をどんどん追加していくと結局コース料金とかかる費用が変わらない割に費用が高くついてしまう

受験勉強が進むにつれて自分の苦手分野が新たに出てきて、受講する講座を増やしたくなるので、トータルで見ると高いお金がかかってしまいます。

受験生
受験生
その都度自分にあった質の高い授業を受けたいし、安く済ませたい・・・

そんな悩みを一気に解決してくれるのが、次に紹介するスタディサプリです。

スタディサプリを賢く使う

以上のことを踏まえて質の高い授業を安く受ける、そんなコストパフォーマンスを重視したい人に一番オススメしたいのが、

予備校とスタディサプリを併用するという方法です。

そもそもスタディサプリがどんなサービスかを簡単に説明するとゼクシィやホットペッパーで有名なリクルート社が提供している、

月額980円でプロ講師の授業が受け放題の教育サービスです。

大きな特徴をまとめると、

・授業を受け放題なので科目をしぼる必要がない

・後から出てきた苦手分野の授業を追加することも無料でできる

・場所も選ばず、スマホ一つで勉強できるのでスキマ時間を有効活用できる

・わからない部分は何回でも視聴可能(東進は再度見る場合有料)

・月額980円(安すぎる)

翔平
翔平
これだけサービスが整っているにも関わらず、月額980円ってなんだか逆に怪しいぞ・・・

・教材費など、980円以外かかるのではないか

・サービスの質が低いのではないか

・実績はあるのか

などなど、人よりもうたがり深いので、みなさんが抱えるであろう悩みをひとつずつ考察していきます。

スタディサプリを見てみる!

 

スタディサプリの3つの疑問を解決

かかる費用は予備校の1%だけ!その他の費用も一切かからない

どれだけネットを調べても基本料金は980円であり、全てのコンテンツが利用できます。

本当に年間980×12=11,760円で予備校以上のコンテンツを利用できます。

普通予備校って1講座1万円以上するのでどれだけ安いかわかるはずです。

トータルで見ても、予備校に一年通うだけで100万円以上するので、予備校の1%の費用で済みます。

教材もパソコンからダウンロード可能なので、実質かかるものとすれば印刷代くらいです。

わんころもち
わんころもち
なんでそんなに安いんだわん・・・

スタディサプリがなぜここまで低価格なのかはこの記事で詳しく紹介しています。

何か怪しいことをしているわけではなく、無駄な経費を削っているからなんですね。

講師は実力派が勢ぞろい

費用が1%でも、講師のクオリティーも低かったら意味がありません。

しかし、スタディサプリの講師陣は驚くほど豪華です。

受験関連の書籍を多数出版している有名講師陣ばかりです。

一部の講師を動画と合わせて紹介します。

関先生(英語)

英語の関先生はもはやスタディサプリの顔であり、超がつくほどの有名講師です。

過去に1日6講座ある200席、計1200席を満席にさせた記録を持ちます。

さらに、TOEIC990点満点も保持していて、英語の仕組みから一からわかりやすく解説してくれます。

伊藤先生(社会)

日本史や倫理など主に社会科目を担当しています。

受験生
受験生
社会って暗記ばかりだから嫌だな・・・

そんな悩みを抱えている人には一度見て欲しい授業です。

教科書で文字をただ読む勉強ではなく、まるで歴史小説を読んでいるかのようにストーリー仕立てで社会を勉強することができます。

実際にこの動画を見てもらえれば質の高さがわかると思います。

月980円=質が低いと僕も思っていたのですが、やはり百聞は一見にしかずですね。

これほどクオリティが高いとは正直驚きました。

大手予備校レベルの合格実績

どれだけ講師が良くても、結局は生徒が合格しないと意味がありません。

スタディサプリのホームページには多数の合格実績が公開されています。

東大合格者の坂口さんの声

慶應大学合格者の吉田さんの声

予備校代わりにスタディサプリを利用して難関大学に合格した人がいるので、合格力が身につくことも間違いないと考えられます。

スタディサプリを見てみる!

予備校とスタディサプリを併用するオススメパターン

値段も圧倒的に安く、受講できるコンテンツも大手予備校レベル、講師の質も高いスタディサプリの唯一の欠点は、課金をしないと添削だったり質問ができないそのサポート体制です。

担任もいないので自分で受験情報を集めたり、模試の申し込みや出願をしなければなりません。

なので、その欠点を補うためにサポート体制が整っている予備校との併用をオススメします。

今回紹介するパターン以外にも併用パターンはいくつか考えられます。

非常に融通がきくのもスタディサプリのいい点だと思います。

パターン1苦手科目だけスタディサプリ

予備校だと自分の苦手科目でもちょっと背伸びをした講座を取ってしまいがちです。

そうやってレベルの高い授業についていけず、講座を変更しようとしても変更代が発生します。

スタディサプリはレベルが細かく分かれているので、自分にぴったりあった講座を見つけることができ、予備校の授業のようにミスマッチを無料で防ぐことができます。

それによって費用を抑え、学習効率をぐんと上げることができます。

パターン2夏季・冬季講習の代わりにスタディサプリ

予備校の夏季・冬季講習代金ってバカにならないですよね。

予備校側も通常よりも単価の高い講座を用意します。

なので、全ての科目を予備校の講座でとると莫大な費用がかかります。

かといって、全てを自習にあてると自己管理能力が必要になり、ついつい怠けてしまいやすいです。

そこでスタディサプリ講習と併用して使うことをオススメします。

かなりの額を節約でき、さらに今日はここからここまでの講座を見て勉強する、という風に勉強計画をたてやすくなります。

パターン3授業の先取りにスタディサプリ

受験生
受験生
自称進学校に通っているが、難関国立大学を目指したい・・・

自称進学校は授業のペースが遅いので、難関校に合格するためにも授業の先取りが必須です。

予備校に通うのも高いし、独学も道しるべがないので一歩間違えれば失敗に終わる可能性が高いです。

そんな時にスタディサプリを使えば、勉強の進むべき方向性がわかり、仮に独学でも要領よく進めることができます。

質が高いだけでなく、今後どうやって勉強すればいいのかが体系的に記されているので、難関大合格の指針となってくれること間違いなしです。

スタディサプリを見てみる!

まとめ

 

これだけは忘れないで

節約しつつ、質の高い授業で効率よく成績を伸ばそう!

高いお金を払う=成績が伸びるというわけではありません。

上手にツールを使えば、最小限の費用で最大限の結果を得ることだってできます。

今回紹介した予備校とスタディサプリの併用がおそらく一番コスパのいい方法なので、ぜひ試してみてください。

無料体験をやっていたり、今なら2000円キャッシュバックキャンペーンをやっているので、詳細を確認することをオススメします。

スタディサプリを見てみる!