大学入学準備

【大学生向け】世界一分かりやすい銀行口座の作り方|初めてでも安心

 

大学生になるとアルバイトの給料を振り込むためだったり、クレジットカードを作るときだったり、銀行口座を作る必要があります。

僕が大学生になる時に色々調べてもちょっと分かりにくいサイトが多かったので、今回は銀行口座の開設方法を世界一分かりやすく紹介します。

こんな人にオススメ

・銀行口座を作りたい人

・クレジットカードを作りたい人

・アルバイトを始めたい人

翔平
翔平
複雑そうだけど、意外と簡単だよ⭐️

銀行口座って何個つくるべき?

大学生
大学生
銀行口座って1個あれば十分なんでしょ?

そうやって思うかもしれませんが、賢く使うのなら上手に口座を使い分けることが大切です。

大学生
大学生
複数の口座管理は面倒くさい・・・

と思うかもしれませんが、生活費は仕送りから、遊ぶお金は自分のアルバイトからと使い分けることでお金の流れを把握しやすく、無駄な出費を防ぐこともできるのでかなりオススメです!

使い分けの例としてはこんな感じです。

①仕送り・奨学金入金口座

②アルバイト入金口座

③家賃やクレジットカードなど生活関連出費口座

翔平
翔平
ひとつずつ見ていこう!

①仕送り・奨学金入金口座

親元を離れて大学進学する際は、多くの人は仕送りといった形で親御さんのサポートを受けると思います。

参考までに大学生がもらう仕送りは以下の通りです。

また、奨学金を申し込んでいる場合は仕送りと合わせた入金口座を作成しましょう。

支店数が日本一であり、大学のキャンパスにも設置されている場合が多いので、個人的にはゆうちょがオススメです。

②アルバイト入金口座

大学生は生活費の足しにしたり、飲み会や娯楽、旅行に備えてアルバイトをする人が多いです。

しかし、アルバイト先によって給与振込先の銀行を指定する場合が多いです。

持っていなければ開設してくださいと言われます。

バイト代の口座を作って仕送りや奨学金と分けておくと、使い道が明確で無駄使いを防ぐことができるので、オススメです。

③家賃やクレジットカードなど生活関連出費口座

仕送りや奨学金、アルバイト代などの入金口座を作るなら、ぜひとも「引き落とし用口座」もつくりましょう。

家賃や公共料金、クレジットカードなど自動で引き落としされる口座があると、毎月どれくらいのコストがかかっているのか視覚化できます。

大学生がクレジットカードを持つなら、絶対にこの2枚をオススメします。

手続き方法も画像付きで分かりやすく説明しているので、まだ作っていない人は作ることをオススメします。

銀行口座を実際に作ってみよう

さて、必要な口座がある程度わかってきたところで今度は実際に口座を開設してみましょう。

翔平
翔平
難しいことはほとんどないので、安心してついてきてくださいね。

口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものは全部で以下の5つです。

・身分証明証
・印鑑
・新規振込用のお金
・口座開設理由
・暗証番号

1つずつ解説していきます。

①身分証明証

運転免許証やパスポートなど顔写真がついているものが確実です。

保険証だと銀行や信用金庫によって対応が変わってくるので、何が身分証明証になるか行く前に聞いてみるといいです。

②印鑑

銀行によってはシャチハタが使えない場合があります。

自分の名前が彫られていて朱肉をつけて押印するものを持って行くようにしましょう。

印鑑をまだ作っていない人はこちらの記事を参考にしてみてください。

③新規振込用のお金

銀行口座を作る場合、初めにいくらか入金する必要があります。

いくら以上でなければいけないといったルールは特にありません。僕は1000円振り込みました。

④口座開設の理由

この口座はなんのために開設するのですか?と聞かれる場合があります。

アルバイトの給与口座です、親からの仕送り用の口座です、など答えられるようにしておきましょう。

⑤暗証番号

4桁の数字を暗証番号として使うので、それを考えておきましょう。

ちなみに自分の生年月日は使用できません。

口座開設までの流れ

自分が口座を開設しようと思った時は、自分が持っている身分証明証(保険証や運転免許証)の住所になるべく近い銀行や信用金庫の店舗にいきましょう。

口座開設は早くても30分ほどかかるので、営業時間ギリギリに行かないように注意してください。

その銀行に入ったらまずは整理券をとって座って待ちましょう。(整理券がない場合もある)

すると窓口で自分の番号が呼ばれるので、その窓口に向かいましょう。

そこで、

大学生
大学生
口座を作りたいです

と告げると、

お店の人
お店の人
身分証明証と印鑑は持っていますか?

と聞かれます。

すると、窓口の人から口座開設申し込み用紙とボールペンを渡されるので、名前や住所、新規振込額を記載します。

新規振込額とは、初めに預金する分の金額のことです。僕が1000円振り込んだやつです。

記入が終わったら申し込み用紙を窓口の人に渡すと、暗証番号を書くように伝えられます。

それが終わると印鑑を押すように言われるので、持ってきた印鑑を使って押印しましょう。

これで手続きはほとんど終了です。あとは、その銀行の各種サービスを紹介されておしまいです。

1週間くらいすると、記載した住所にキャッシュカードが届きます。

キャッシュカードとはATMでお金をおろす際に使えるので非常に便利です。

まとめ

 

これだけは忘れないで

大学生になったら銀行口座を賢く作ろう!

口座を使い分けたりすることで生活する上での無駄使いを防ぐことができたり、賢く生きる力がつきます。

口座の開設も非常に簡単なので、ぜひ作ってみてほしいと思います。

他にも大学生になったら絶対にやるべきことを7つまとめたので、あわせて読んでみてください。