大学入学準備

【入門編】大学入学前にやること7選|春休みにやると超お得

 

合格発表を終えると、今度はすぐに大学生活の慌ただしい準備が始まります。

新しい環境へのワクワクと同時に、分からないことが多くて不安に思うことが多いのが新大学生。

なので、今回は大学入学前に絶対にやっておくべきことを厳選して7つ紹介します。

これをやっておくだけで、充実感のあるキラキラした大学生活のスタートダッシュを切れること間違いなしです!

こんな人にオススメ

・受験が終わって何をすればいいのか分からない人
・何かを始めていいスタートを切りたい人
・充実した大学生活を送りたい人

大学入学前に絶対にやっておくべき7つのこと

僕がオススメする7つのことは以下の通りです。

①参考書を売る

②スーツを買う

③読書をする

④免許を取る

⑤銀行口座を作る

⑥クレジットカードを作る

⑦旅行をする

翔平
翔平
それじゃあ早速見ていこう!

参考書を売る

まず初めに、大学受験で使い終わった参考書を売って現金にすることをオススメします。

仮に兄弟がいて譲るのであれば問題ないのですが、そうではない場合は本のゴミとして捨てるのではなくしっかりと売るべきです。

受験生
受験生
どうせ少しのお金にしかならないんでしょ?

これ実は結構なお金になるんです。

ブックオフで売ると1冊50円とかよくある話ですが、メルカリなどでは1冊1000円で取引されたりします。

高く取引される反面、メルカリなどのサービスは個人で梱包をして発送する手間が生じます。

それに、出品した参考書が全て売れるとは限りません。

受験に使う参考書はたくさんあるので、できれば一気に処分したいところ。

そんな時にオススメなのが参考書専門の業者買取です。

メルカリなどのフリマアプリとは違って、テキスト20冊などを一気に買い取ってくれるのでその分買取金額が上乗せになるケースが非常に多いです。

さらに、メルカリと違って梱包など面倒な手続きをせずに参考書を買い取ってくれるのが助かるところ。

梱包なしで一気に買い取ってくれて、買取額が10万円になった例もあるので、ぜひ一度検討してみることをオススメします。

実際に買い取ってもらいたい人はこの記事にまとめたので参考にしてみてください。

ちょっと分かりにくい複雑な依頼の仕方など画像付きで宇宙一分かりやすく解説しています。

スーツを買う

大学の入学式や成人式、塾講師などのバイトをするときなど一般的にスーツを着用します。

スーツを購入するときに注意したい点としては、就職活動に使えるかという点です。

受験生
受験生
就職活動に利用できるスーツの色とか形ってどんな感じなの?

僕も大学入る前にたくさんのサイトを見てあれこれ悩んでいました。

そんな人は実際にお店に行って自分の目で確かめて、お店の人に不安な点を聞くのが一番です。

時期的にたくさんの新大学生がスーツを買うので、お店の人も分かりやすく説明してくれるはずですよ。

読書をする

読書をするメリットとしては、視野や世界の広さを感じることができる点です。

自分が今まで知らなかった事実や、世界で問題になっていることなどを、自分が当事者でなくても知ることができます。

自分が普通に生活しているだけでは、自分の生活範囲内の情報しか手に入りません。

そういった意味では新聞やニュースアプリ、Youtubeなんかも非常にタメになります。

今自分が思っている常識は本当に常識なのか。

間違った常識から抜け出すためにも、普段自分が体験できないような内容が書かれた本を手に取るようにしましょう。

そうはいっても本がありすぎて悩むと思うので、絶対に読むべき2冊を紹介します。

金持ち父さん貧乏父さん

世の中には2種類の人間がいます。金持ちか金持ちじゃないか。

日本は資本主義なのにお金に対して無知であり、お金持ち=悪といった印象を感じる人が多いです。

時給1000円と1200円を比べて、どっちがいいか悩むのははっきり言ってナンセンスです。

学校やバイトの先輩が決して教えてはくれない「金持ちなら当然知っているお金の知識」をどの本よりも分かりやすく紹介してくれます。

これを読むだけで生涯年収が余裕で数百万円変わるんじゃないかなと思います。

お金関係の本は多数ありますが、この本1冊を読めば日本人の大半の貧乏性から抜け出すことができますよ。

生涯年収を数百万円を変えるためのたった千円の出費です。

高いか安いかは言わずしてわかると思います。

大学生になる前に絶対に読んでおくべき一冊です。

Amazonで見る🛒

伝え方が9割

受験生
受験生
あぁ〜もっと言い伝え方あったのに・・・

そうやって後悔したことありませんか?

大学に入って色々な価値観をもつ人と関わるようになり、人間関係は高校生の時よりもはるかに複雑になります。

もっとコミュ力つけなきゃ!と自分で必死に頑張るよりも、先人の努力を凝縮したこの本を見る方が圧倒的にコスパがいいです。

伝え方が9割というタイトル自体すでに伝え方の上手さを感じることができます。

具体例もたくさんあって、何より実践的で役に立つのがこの本の大きな特徴です。

あって困らない貴重な1冊になっています。

Amazonで見る🛒

免許を取る

大学生になってどこかのタイミングで免許を取ろうと考えている人は、入学前に取るのがオススメです。

大学に入ると遊びの幅が増えるのでまとまった時間が意外と取れないんですね。

大学1年生の夏休みに取る人も多いですが、その時期から友達や恋人とドライブしたいと考えている人は、入学前に免許を取っておくといいですよ。

大学生がいつ頃免許を取ったかを調査したデータが以下の通りです。

夏休みに取る人が1番多いのですが、大学入学前に取る人が次いで2番なっています。

やはり、時間がかかる免許取得を先延ばしにせずに早め早めに行動することが大切なんですね。

銀行口座を作る

大学生になるとアルバイトを始める人が多いと思います。

大学生のアルバイト就労率は70%なので、給料が振り込まれる銀行口座が必要になってきます。

アルバイトだけでなく、仕送りの口座だったり貯金の口座だったり複数の口座を使い分けることが、賢い大学生活を送るための大きなポイントです。

使い分けの例としてはこんな感じです。

・仕送りや奨学金関係
・アルバイト関係
・家賃や公共料金クレジットカードなどの生活費関係

こうすることでお金の管理がしやすく、もったいないを回避する力を身に付けることができます٩( ‘ω’ )و

銀行口座の開設の方法はこの記事にまとめました。

20個を超えるサイトを見て、要点だけをまとめたので非常にわかりやすいと思います。

クレジットカードを作る

大学生になると家賃・光熱費や海外旅行、レンタカーにショッピングなどクレジットカードを使う場面が多く、ないと非常に不便です。

なので、大学入学準備としてクレジットカード作成は必須です。

銀行口座を作ったらそれと一緒にクレジットカードも作りましょう。

毎回の買い物でポイントがついたり、現金を口座から下ろす手間が省けるメリットもあります。

受験生
受験生
クレジットカードって作るの大変そう・・・

大学入学前に僕も色々なサイトを見たのですが、情報量が多くて非常にわかりにくいものばかりでした。

なので、本当にオススメするクレジットカードの紹介と、画像付きで世界一分かりやすく申し込み方をまとめた記事を本気で書いたので是非参考にしてみてください。

旅行をする

高校の友達や家族と旅行に行くことをオススメします。

特に大学から一人暮らしをする人は、絶対に行っておきましょう。

大学入学と同時に親元を離れるとそこからは帰省のタイミングでしか会えないので、会う回数が限られてきます。

離れてみないとあまりイメージできないかもしれませんが、できるうちに親孝行をしておきましょう。

もしかしたら仕送りがUPするかもですよ٩( ‘ω’ )و

まとめ

 

これだけは忘れないで

大学入学前から大学生活は始まっている

受験が終わった開放感からダラダラとしてしまう気持ちはすごく分かります。

でも、入学前にちょっと動いておくだけで、大学生活がさらに充実したものになるので、今回紹介した7つ全部と言わずとも、何個かは実践してみましょう。

まずは参考書を売ることと、クレジットカードを作成することがハードルも低いかつ重要なので、やってみてください。